110312 裏鍋谷峠往復(ロード練習・単独)

裏鍋谷峠往復コース

自宅-鍋谷峠-折登-裏鍋谷峠-自宅

時間:2時間26分45秒
距離:58.7km
鍋谷峠ヒルクライム:24分46秒 (50X17でオールシッティング)
裏鍋谷峠ヒルクライム:29分19秒 (50X17でオールシッティング)
d0036883_1821395.gif
(ポラールCS400データ・鍋谷峠ヒルクライム)

朝は寒かったので元々昼からのロード練習にしようとは思っていたが、地震のニュースを見ていると練習に出かける気力も萎えてしまった。でも、私がいくら心配して落ち込んでいてもどうする事もできないので頑張ってロード練習に出かけることにした。昼食後に外に出てみるとメッチャ暖かかったので、手袋はユニクロの安モン薄手フリース、シューズカバーは薄手のみにした。そしてサドルを2mm前2mm上、角度をさらに前下がりに変更し、1時過ぎに鍋谷峠に向かって出発した。

今日もなるべく重いギヤでケイデンス60程度を目安に走っていった。サドル位置変更はよかったようで、お尻を引いて踏む時により踏みやすく感じた。ちょうどサドル後端のカーブがお尻の形と合うので、そこを支点にしてやまめの学校のフォームでペダリングすると、重いギヤを思いの外よく踏む事ができた。私はずっと昔のペダリングを「腰を後ろに引いて前に押し込むような」感じだと思い込んでいたが、今日のペダリングはその頃のものにとても近いように感じた。

鍋谷峠ヒルクライムは50X17でオールシッティングとし、目標ケイデンスは40、目標心拍は160程度とした。きつい箇所はサドルの前に座って踏むようにし、それ以外ではお尻を後ろに引いたペダリングを心掛けた。今日は50X17のギヤがさらによく踏めて、重過ぎに感じる事がほとんどなかった。踏むというよりも回せてるという感じで、やや平坦になると加速できそうな勢いがあった。そして鍋谷峠にゴール、タイムは予想以上の24分46秒だった。

そのまま裏鍋を下り始めたら、峠直前で追い越されたバイクにすぐ追い付いた。そのバイクはコーナーがメッチャ遅くて鬱陶しかったが、直線番長なのでなかなか追い抜く事ができなかった。見晴らしのよくなる小さいコーナーが連続する所まで我慢し、一気に抜き去ってさらに加速。その後は気持ちよく下る事ができた。裏鍋谷峠ヒルクライムも今回は50X17でオールシッティングとし、とりあえず登るだけで頑張る事もなく鍋谷峠にゴールした。

今日の練習は50X17がさらに踏めるようになった事とサドル位置がよくなった事が収穫だった。
[PR]
by th6969 | 2011-03-12 18:17 | ロード練習 | Comments(0)