070729 鍋谷峠往復 (ロード練習・単独)

日曜日恒例のロード練習になってきたな。今日は天野街道ではなく最終処分場から堺カントリーに抜ける道を通って天野山に出て、あとはいつものコースで鍋谷峠を往復してきた。調子は悪くなく体も軽かったので、ギヤ固定で(39X21)ダンシングとシッティングを併用して登ってみることにした。やや緩い登りはシッティングで、きつくなったらダンシングという具合だ。ハンドルのセッティングがうまく行きダンシングがとてもやりやすくなったため、立っても疲れることなく、逆にかえって楽に登りきることができた。峠の頂上手前ではギヤを2枚上げ、余裕のダンシングでゴールした。これくらい楽に登れたら楽しいよな。今日はいつもよりも練習に来ている連中は多かったが、登りでは抜くことも抜かれることもなかった。登っている時に下ってきたのはサカタニのジャージを着た人(女性ライダーかな)とどこかのチームの集団、下りではいつも出会う連中に今回も出会った。

今乗ってるロードはトーヨー製なのだが、Fフォークがとても頼りないようだ。だから、ダンシングの時Fタイヤに重心を乗せるようにやるとせっかくの力が逃げ、あまり前に進まないように感じた。それが目指しているダンシング(サドルから腰を上げるだけのような、なるべく重心を前に掛けないやり方)に切り替えると、立って漕いだ分だけ前に進むように思えるのだ。それだけ理に適っているということだろうか。私は元々ダンシングが苦手で、常にシッティングで楽に速く登ることだけを考えて練習してきたが、上手なダンシングを習得できていたら、もっと楽に走れていたのかもしれない。
[PR]
by th6969 | 2007-07-29 11:26 | ロード練習 | Comments(0)