071104 金剛トンネルから紀見峠(サカタニチーム練習)

チーム・サカタニ練習会(金剛山コース)
自宅-観心寺-金剛トンネル-五条-紀ノ川左岸道路-橋本-紀見峠-河内長野-狭山(サカタニサイクル)-自宅
時間:3時間0分10秒
距離:約65.7km
d0036883_21511153.gif
(ポラール心拍計CS400データ・クリックすると大きくなります)

右のお尻が痛く足もだるかったが、チーム・サカタニの練習会(金剛山」コース)に参加してきた。前回は早すぎたので7時半に家を出て観心寺を目指した。今日は寒さに備えてレッグウォーマーとフリースの手袋を用意していたので、ほとんど寒さは感じなかった。それにしても足がだるい。やはり昨日のソフトボールと草引きがこたえているようだ。8時前くらいに観心寺に到着したが誰も集まっていなかったため、少し先まで走りに行き再び戻ったら3人ばかり集まっていた。その後何人かやって来て、最後にやってきた二人のうち一人が私の知ってる昔のレース仲間によく似ていた。シマノのジャージ着てるし多分そうかなとは思ったが、まさかこんな所に走りに来るとは思えんし、昔(15年位前やな)の感じとは違うような気もして声はかけなかった。

そして結局7人でスタートし、私はそのシマノと連れの2人の後に付けずっと走っていった。さすがに走りは安定しているので楽チンだったが、石見川の手前の湧水のあたりで早くも足に来て後ろの連中に先に行ってもらった。石見川を過ぎてきつくなってからも、足がだるくて踏めない回せないで厳しいヒルクライムとなった。そして結局6番目で金剛トンネルにゴール、メチャきつかった~。最後にシマノの連れの人が登ってきて(チームサカタニの監督さんだったらしい)五條に向けて下り始めた。もう道は分かっているため先頭に出てダウンヒルを楽しんだ。下りは飛ばさんと面白ないからな。五條で一人遅れたが紀ノ川の左岸道路で追い付いてきて、先頭交代をしながらのペース走となった。このとき元々平地が弱いのに頑張りすぎたのが後でこたえたようやったな。

橋本から例の裏道で紀見峠に向かうが、ここでも途中で足に来てだんだん遅れてしまった。R371の出合いで前には追い付いたが、その先の住宅地の登りですぐに遅れ、紀見峠の登りはかつてない程しんどいものになってしまった。ここってこんなにきつかったか、という感じやったな(笑)。峠の頂上で私を待っていてくれ、しばらく休憩を兼ねて話していた時、「多分シマノの人とは昔のチームメイトやで」と言ったら、向こうも気が付いたようだった。まさか阿部ちゃんとこんな所で会えるとは思わんかったな。ほんま、今日はサカタニの練習会に参加してよかったなぁ。

紀見峠を下ってR371に出ると阿部ちゃんがガンガン先頭を引いてくれるので、それに乗っかって快調に旧170号の分岐まで出ることができた。ここで阿部選手と別れ、サカタニ組は旧の170号から310号線を通ってサカタニサイクルまで戻った。今日も疲れたけどなかなか楽しく収穫があったな。そしてお店の前のベンチに座って監督さんと色々話していたが、まさかそのベンチに座ることになるとはついこの間まで思っていなかったため、何かとても変な感じやったな。機会があったらまたサカタニの練習会にも参加したいと思うし、阿部選手とも走ってみたいものだ。
[PR]
Commented by スズキチ at 2007-11-05 00:33 x
ど~も~、やはり本格的にトレーニングしだすと
昔培ったものがフツフツと湧き出てくるんですね~

自転車って他のスポーツに比べて高いレベルに復活させやすい
運動かもしれませんね(特に過去競技経験者に関しては・・)

いろいろ関連要素はあるからとは思いますが・・
Commented by th6969 at 2007-11-05 19:39
こんばんは。
7月8日にロードに乗り始めて約4ヶ月ですが、そこそこ復活してきたようです。目標も何もなしに、何が私を駆り立てるのかは分かりませんが、心拍トレーニングで追い込んだ練習も平気で出来てしまっています。多分、どこまで走れるようになるのかという興味と、自転車で走ることの楽しさを再発見したためだと思います。

今後もレースに出るつもりはありませんが、練習は続けていくつもりです。そろそろ一緒に練習できるかな。
では。
by th6969 | 2007-11-04 17:54 | ロード練習 | Comments(2)