<   2011年 11月 ( 29 )   > この月の画像一覧

会社-横山小学校前-自宅(ショートコース)

相変わらず膝の調子がビミョーなので違和感がほとんどないダンシングメインで帰宅。これだけダンシングをやってると何かコツみたいなものもつかめて当然か。
[PR]
by th6969 | 2011-11-09 22:23 | 自転車通勤 | Comments(0)

会社-横山小学校前-天野山周回-自宅

朝はR310の旧桃大前から福田までのやや下りほぼ直線の道で、全く踏んでいる意識は無いのに速度が47km/h以上まで上がって驚いた。ギヤは多分50X13で意識したのは太腿を引き上げる事だけだったが、何でこんなにスピードが出るかなという感じだった。『楽に速く』にちょっと近づいてきたかも。

帰りはダンシングメインのショートコースから天野山周回コースを6周。下り側は踏まないペダリングで引き足のみ意識し、登り側はダンシングで頂上まで。途中さくら園の登り部分だけアウターロー(50X25)の片足ペダリング練。片足でもうまくタイミングが合えば90rpmで20km/hオーバーで走れるようになってきた。
[PR]
by th6969 | 2011-11-08 22:31 | 自転車通勤 | Comments(0)

会社-横山小学校前-天野山-自宅

膝の違和感は座って踏んだ時に一番感じるので、帰りは下り以外はダンシングメインで走ってみた。もちろん踏み込まずに走れる程度の軽いギヤでクルクルダンシング。結構エエ感じかも。

ちょうどいい機会やから今月は『ペダリングスキル向上月間』にすることにしよう。
[PR]
by th6969 | 2011-11-07 23:26 | 自転車通勤 | Comments(0)

新城選手のペダリング

ルールやジロを走った新城幸也選手が2010年のサイクルモードで「ペダリングスキルを披露」という動画はYoutubeの検索で度々ヒットしていたのだが、何かショーもなさそうだったので今まで見てみることはなかった。それが「体軸コーディネーター波田野」さんのブログに紹介されていて、ブログの記事の内容がメッチャ興味深そうだったので動画を見てみた。するとペダリングを考える上でとても参考になりそうな動画で楽しんで見ることができた。動画を見てもらったら一目瞭然と思うが、一番力の掛かる位置ではほぼ垂直にのみ力が加えられ、ペダリング全般を通じて前方への入力はほとんどない。そして一番驚かされるのが一般的に無駄とされる下死点以降で後方への入力が高くて長い事だ。こんなにいい動画だったらもっと早く見ておくべきだったな。
d0036883_1913167.gif
「前に進みたいのに前方へ蹴りだすペダリングはおかしい」と感じた私の感覚も、あながち間違いではなかったようだ。


[PR]
by th6969 | 2011-11-05 19:17 | 自転車 | Comments(7)

会社-横山小学校前-天野山-自宅

今日はメチャ暑くて気分が悪くなるくらいで、帰りはレーパンだけで充分だった。軽めのギヤで踏み込まないように走っていくが、踏み方によっては膝に違和感が出ることもあり鍋谷峠は止めておくことにした。登りもなるべく踏み込まずに走れる程度のギヤで、引き足は出来るだけ大きく(と言うか大げさに)膝を上げてその勢いで踏み下ろすようにしてみた。片足ペダリングで引き足を今まで以上に意識できたのは収穫だったな。

天野山では今日も片足ペダリング練で、左右3本ずつやってみた。昨日の練習で普段使わない筋肉を使った後遺症なのか、片足では脚が重く踏めない回せない感じだった。それでもタイミングが合うと70回転くらいは回せるようになってきた。
[PR]
by th6969 | 2011-11-04 23:28 | 自転車通勤 | Comments(0)

片足ペダリング

昔から「全く役に立たんしょーもない練習や」とバカにしてやった事のなかった「片足ペダリング」だが、何でやる気になったのかと言うと「引き足がちゃんと使えてるかどうかの確認になるかも」と思ったからだ。(何度も書いてるがペダルを引っ張りあげる引き足のことではないので注意)一旦天野山周回コースの北の端まで下ってUターンし片足ペダリング練を開始した。

ギヤははっきりせんが50X17位で、まず右足から始めてみた。「結構走れるやん」と思いながら走って行ったが途中で「足ダル~」となった。でもダルイのは踏んでる右足ではなくて上げてる左足の方だった(笑)。上げてるだけも結構疲れるな。そして左足に替えて回してみたらこちらの方がややギクシャクしていた。特に気を抜くと上支点あたりでカクカクカクとなる感じやった。とりあえず一番きつい坂は止めて、金剛寺の門まで登りUターンして引き返した。同じ所まで下って2回目を開始、今回は右足固定でやってみることにした。

最初は平坦なので結構スピードも出るし脚も回る。ちょっと登りになるとややスピードは鈍るが、それでも踏めてるし引き足もちゃんと効いている。そしてややきつい登り坂になると踏み脚にさらに体重を乗せグッと踏み下ろしてみた。すると「メッチャ進むやん!」と驚くほどよく進んだ。その時のペダリングは(右足ペダリングなので)ややバイクを左に傾け前乗りでペダルに体重を乗せて踏み下ろす(力で踏み込まない)というもので、それを繰り返すと登りなのに踏む度に加速していく感じだった。これは正に「腰踏み=軸をずらす」走りそのものだった(嬉)。イメージ的にはバイクを左に傾けてるので「頭-右大腿骨の付け根-右膝-右ペダル」が一直線になる感じだ。一直線がおかしければ一平面というか、同じ線上にある感じといえば分かるだろうか。これは片足ペダリングでないとなかなか実感できないなぁ…。

引き足の方は太腿全体を持ち上げる感じで、昔から「膝蹴りを食らわすように」と言ってきたやり方そのままだった。両足ペダリングだと勝手に上がってくるので太腿を持ち上げる実感はないが、片足なので持ち上げてやらないとペダルを回し続けることができなくなる。これは引き足の筋トレにもなるし、筋肉の刺激にもなりそうだ。「こらオモロイ」と結局左右2回ずつやってしまった。

片足でも踏んで引き上げるだけの意識だけで結構回る事が実感できたし、「腰踏み=軸をずらす」走り方と引き足の確認もできたいい練習になった。後ろ乗りでは進まないかもしれないが、前乗りだととてもよく進むので一度やってみてはいかがかな。
[PR]
by th6969 | 2011-11-03 20:18 | 自転車 | Comments(2)

自宅-鍋谷峠途中-天野山-自宅

時間:2時間17分30秒
距離:58.6km

膝の状態はビミョーだったがとりあえず鍋谷峠に向かってスタートした。天気もビミョーで何となく雨が降りそうな雲行きだった。ペダリング時に右足のクリート角度に違和感があったので、若干逆ハの字が緩くなるように調整しシャフトにワッシャを1枚かましてみた。Qファクターの調整のために左右のクリートを入れ替えた時に、右側の角度調整がエエ加減だったのかもしれんな。逆に左は全く違和感がなくなりバッチリになったが…。そしてサドルを2mm下げたのだが、ペダリングはスムーズでいい感じになった。

いつもよりもかなり軽めのギヤで踏まないペダリングを心掛けて走り、鍋谷橋から鍋谷峠ヒルクライムを開始した。ここも軽めのギヤで沖縄旅行へ行こうからはアウターローの50X25で登っていった。膝に痛みはなかったが途中で「止めといた方がいいかも」と思い始めたので、クルッとUターンして引き返すことにした。今無理してもシャーナイからな。

今日は昼前に戻るつもりだったが(昼から庭木の剪定する予定)妙に時間が余ったので、天野山周回コースで今まで「全く役に立たん練習や」とバカにしてやった事のなかった「片足ペダリング」をやってみることにした。何でやる気になったのかと言うと「引き足がちゃんと使えてるかどうかの確認になるかも」と思ったからだ。(何度も書いてるがペダルを引っ張りあげる引き足のことではない)一旦北の端まで下ってUターンし片足ペダリング練を開始した。詳しくは次の記事「片足ペダリング」にて。

片足ペダリング練もやり方しだいではいい練習になるかも。
[PR]
by th6969 | 2011-11-03 17:47 | ロード練習 | Comments(0)

会社-横山小学校前-自宅(ショートコース)

朝は遅いミニバイクを追い越していく勢いでいい感じだったが、サドルはやや高すぎたかも。少し下げた方がバランスが良さそうだ。相変わらず右ひざの違和感は消えず鬱陶しい。この前ちょっと踏みすぎたなぁ。

帰りは実家へ行く日なのでショートコースのみ。膝の負担を和らげるためにいつもよりかなり軽めのギヤで走ってみた。なるべく踏み込まずに引き足で持ち上げた脚をペダルの上に乗せ(重力で)下へ落とすという感じだ。平坦路はそれでも結構走れるが、登りになると無理なのでちょっと腰を入れてさらに体重を乗せる感じ。うまく決まったら踏み込む感じなしでも案外登れるし、前乗りではあるが太腿の前側の筋肉はほとんど疲れない。楽に速く走ろうと思ったら、踏み込まないペダリングというのは確かに有効だ。

それからサカタニ朝練のメンバーで行く予定だった淡路島サイクリングだが、膝の調子が思わしくないのでキャンセルさせてもらうことにした。右ひざの内側という古傷に違和感があるためで、長距離サイクリングはちょっと無理と判断した。ストーンブラックさん、誘ってもらったのにごめんね~。
[PR]
by th6969 | 2011-11-02 22:36 | 自転車通勤 | Comments(0)

会社帰りに鍋谷峠コース

会社-鍋谷峠-自宅
鍋谷峠ヒルクライム:28分35秒

久し振りにギヤを掛けたアウターシッティングでのヒルクライム。中盤までは止まりそうだったが、それ以降は結構回せていた。それよりも今日は空が快晴で月明かりがとてもきれいだった。と言うことで「鍋谷峠月光ヒルクライム」をやってみた。もちろん対向車が来たらライトは点けるが、かなりの距離をライトなしで走ることができた。一番明るい箇所では月明かりで自分の影ができるくらい明るかった。それに道に木の影ができる「木漏れ月」はメッチャ神秘的だ。
[PR]
by th6969 | 2011-11-01 23:27 | 自転車通勤 | Comments(0)