090927 足ノ郷越~五番関 (ロード・単独)

自宅-金剛トンネル-五條-下市-吉野-東吉野-足ノ郷越-川上村-五番関トンネル-洞川-旧河合トンネル-西吉野-R168-五條-金剛トンネル-自宅
d0036883_23423458.gif

時間:7時間48分30秒
距離:172.2km
足ノ郷越ヒルクライム:45分43秒
五番関トンネルヒルクライム:1時間2分35秒

一日の休みだったが、思い切って前回洞川から登った五番関トンネルに川上村から登ってみることにした。それだけでは物足りないので、最近グランフォンド吉野でよく使われているらしい「足ノ郷越」を登ってから行くことにした。この峠は遥か昔に川上村側のR169から登ったことがあるように記憶しているが、遥か昔のことなのできつかった事以外はほとんど覚えていない。

出発はやや遅く6時40分頃になってしまった。距離が長いから今回も登りでは極力心拍を抑えて走ることにした。心拍160以下、できれば158程度に抑えて走ることができれば、多分売切れてしまうことなく走り切れそうだ。金剛トンネルもなるべく頑張らずに通過し、五條からいつものように吉野川左岸道路で吉野を通過、R169に突き当たったら右折して短いトンネルを越え、次の信号を左折して吉野川を渡り出た道を右折したら、後は東吉野まで一本道だ。このあたりから向かい風になり結構苦労した。

道は小川地区で右折して丹生川上神社中社を目指すのが一般的だが、その手前で右折して高見川を渡り高見川左岸の道を走った方が、車も少なくアップダウンも少ないのでお勧めだ。でも今日は突風のような向かい風が吹いて、それにかなり苦労させられた。ようやく丹生川上神社の対岸に到着して出た道を右折すると約100m程度で足ノ郷越の武木小川林道が右へ分岐している。ここで小休憩&写真撮影していよいよ足ノ郷越ヒルクライムを開始した。ネットで検索したら平均勾配10%でやたらきつい、というようなページがよくヒットしたので、ここもなるべく心拍をあげないように走ることを心掛けた。

さすがにスタートからいきなりきついが、思っていたほどではなかった。登りっぱなしでなく適当に勾配の緩い箇所が現れるのでそこで休憩でき、そのため足には余裕があり止まってしまうようなこともなかった。ただ勾配がきつい部分は14%~15%程度はあるので、心拍は上げないようにと思っても軽く160を超えてしまった。中盤はやや勾配が緩くなり、見晴らしがよくなる辺りから最後の急坂になる。そして何となく峠っぽいなと思ったら画像で見たお地蔵さんの祠が見えた。何かあっけないが、ついに登り切ったようだ。足ノ郷越は見晴らしも悪いので止まらずにそのまま下っていった。下りも激坂の連続だったが、車もほとんどなくて楽しかった。一気に下ったらR169が見えてくるので、橋を渡って道の駅川上に向かった。

行きが向かい風だったためR169はほとんど追い風で、それもかなり強い風だったのでメチャ楽チンだった。おかげですぐに道の駅に到着し、水分補給&休憩してから五番関トンネルヒルクライムを開始した。ここは前回下った経験から登り始めが一番きつく、中盤は緩やか、最後にややきつくなるというのが分かっていたため、道が緩やかになるまで適当に走って行った。勾配が緩くなったら快適なサイクリングロードとなり、とても気持ちよく走ることができた。橋を渡って沢の右岸へ移り勾配がややきつくなったら吉野大峰林道の分岐が現れた。そこを左折してしばらく走ったら大天井滝で、そこからさらに少し頑張ったらもう五番関トンネルだった。長かったけど勾配は緩いので、それほどきつくないように感じたヒルクライムだった。

トンネルを抜けたらすぐに洞川に下り洞川も通過、河合の手前のヤカンのコンビニで補給することにして虻トンネルから下っていった。そして左ヘアピンで滑るかなと思ったら案の定リヤタイヤが滑って驚かされた。前のTOYOの時はこんな事はまったく無かったのに、何でこんなに滑るかな。TOYOは左前ブレーキ、FELTは左後ブレーキだから、前の癖でコーナーリング中にブレーキを掛けすぎているのかもしれない。気を付けないとそのうち落車してズルムケなんて事になりそうだ。そしてヤカンのコンビニに到着し、パンでも買おうと入ったらマシなパンはほとんどなかった。あったのは「酵母何とかパン」だけで、とりあえずメイプル味のパンを購入してみた。パサパサの不味いパンかと思ったら、食べてみたら案外美味しかったな。

河合からは新しいトンネルを使わず、旧河合トンネルからR168へ抜けて五條を目指すことにした。この辺りから膝のいつもの場所がやや痛くなり、特にシッティングで踏み込めなくなってしまった。それでも何とか旧河合トンネルに到着し、R168に向かってダウンヒルを楽しんだ。R168に出たらここも追い風で、急な登りもないためかなりのペースで走ることができた。でも膝は思わしくなく五條の手前でまた休憩することにした。休憩後スタートしたら後輪が何か頼りない感じで「あれっ?」と思ったらパンクだった。スローパンクなので気が付かんかったかな。一応空気を入れてみたがパンク箇所は分からず、タイヤにも何も刺さっていないようなのでチューブ交換した。練習中のパンクはロード再開してから始めてやな。

そしていよいよ最後の関門の金剛トンネルに向かって出発した。膝はそれほど悪くなくてそこそこ踏めるため、先日休み休み登ったようなことにはならず、逆に2人のローディを追い越せるほどの勢いだった。やっぱり五條からの金剛トンネルはきついなぁ。今日も一番きつかったのは、この最後の金剛トンネルだった。河内長野まで下ったら高野街道を狭山に向かって走り、一番勾配の緩いサカタニサイクルの前を通って家に帰った。最近、距離が走れるのでとても楽しい。今度はどこへ行こうかな。
d0036883_2339375.jpg
足ノ郷越(武木小川林道)登り口

d0036883_23391718.jpg
ヤカンのコンビニで補給

d0036883_23392594.jpg
コンビニというよりは雑貨屋さんですね

[PR]
by th6969 | 2009-09-27 23:45 | ロード練習 | Comments(0)