100404 鍋谷・天野・高野山 (ロード練習・単独)

自宅-鍋谷峠-紀ノ川左岸道路-天野-梨子ノ木峠-花坂-大門-九度山-橋本-紀見トンネル-自宅

時間:4時間52分55秒
距離113.5km
鍋谷峠ヒルクライム:23分23秒
d0036883_1601046.gif
(CS400データ・コース全体)

d0036883_1601818.gif
(CS400データ・鍋谷峠ヒルクライム)

昨日のタンデムの疲れや筋肉痛は全く残っていなかったので、できれば高野山まで行ってみようと9時過ぎに出発した。出発前にサドルをさらに2mm上げたためか、さらにシッティングで踏み込みやすくなった。あまり上げ過ぎると膝に来るので、とりあえずこの程度で様子を見ることにしよう。アウターのまま鍋谷橋に快調に到着し、鍋谷峠ヒルクライムを開始した。

今日は高野山まで行くつもりなので無理はせず50X19から21のギヤを使い、回しつつも踏み込むペダリングのみ意識して心拍165程度に押さえて走ることにした。サドル位置が昔に近づいてきたのか、何となく昔のペダリングの感覚が戻ってきたように感じた。途中までほぼ目標通りの走りができていたが、中盤過ぎになってシマノジャージのローディに追い越された。付いて行けないペースではなかったためペースアップしたら心拍は一気に170を越えてしまった。今更心拍を落とすのも何なので、そのローディを目標にして鍋谷峠を目指すことにした。そして最後でもう一人に抜かれながら鍋谷峠にゴール。おかげでタイムは23分23秒とベスト11位で、頑張りすぎた脚がどこまで持つか少し心配になった。

裏鍋を楽しく下って昨日も渡った大門口橋を通り、紀ノ川左岸道路へ左折し天野ヘ向かった。R480の分岐を過ぎてしばらく行くと、先週桃の花がきれいだった所に出た。桃の花は今日もまだきれいで、人家や人工物が少なく山が迫っている風景は、桃山の桃の花よりもいい雰囲気だった。覚えていたら来年はタンデムでこちらに来てみる事にしよう。そして天野の分岐からヒルクライムを開始した。とは言ってもここも押さえて走り、ギヤは34X23がメイン、緩くなったら21Tに落とす程度で、心拍150台を目標に登っていった。登り始めてしばらく走ると山の斜面に桃の木があり、それが満開でしかもバックの紀ノ川などの風景が素晴らしく、絶好のシャッターチャンスだった。カメラは持って来てないので撮影はできなかったが、ほんまいい感じだった。峠まで適当にダンシングを交えて走ったので、前回よりはかなり楽に登れたようだ。

天野に出て丹生都比売神社を見ながら長閑な道を走り、志賀高野山トンネルの手前で左折し久し振りに梨子ノ木峠を越えることにした。昔はこの道しかなかったからいつも越えていたが、結構急坂のイメージがあった。実際走ってみるとそこそこ急坂ではあったが、激坂に慣れたためか普通の坂程度の感覚だった。花坂のR480出合いまで下って左折し大門を目指して登っていった。高野山道路に入るといよいよ高野山ヒルクライムだ。でも脚にはすでに余裕はなく、タレない程度に登るのみという感じだった。それでもロードを再開してからの中では一番楽に走れたようだ。登り切ったら一応大門まで下ってすぐに引き返した。

久々の高野山道路のダウンヒルはニューバイク「TREK」のおかげでメッチャ楽しかった。バイクが自分の思い通りに動くため下りが特に快適で、そんなこともあって昔の血が騒いだのだろうな。車にバイク抜きまくりで、花坂の信号で前を押さえていた観光バスも抜き去り、追い付かれないようにそこからの若干の登りをダンシングで加速、登り切ったら後は追い付く車もなくほぼ限界まで飛ばして一気に下り切った。今後は危険だからなるべく高野山道路は下らないようにしよう(苦笑)。

九度山まで下って学文路駅前を通り、橋本橋の手前で小休憩。補給食を食べて最後の登りに備えた。とは言っても紀見峠は越えるつもりはなく、軟弱に紀見トンネル越えだ。旧道を通ってR371に合流し、アウターでぎりぎりという感じで登っていった。久し振りの紀見トンネルはやはり怖い。それにトンネルは大阪に向かってずっと登りだから結構しんどい。やっと抜けたら前を押さえていたワゴンRが後続車に道を譲っていて、私のその車の前に入り追い付かれないように頑張って下っていった。それがまたいい練習になり、足は攣りそうになっていたが潰れた8000番の手前まで抜かれることなく走り切った。

その後、旧170号で狭山に向かって走って行き、七つ辻の交差点をダンシングで登っていたらサカタニジャージが信号待ちしていた。後ろはキルワニさんのようだったから、多分キルワニ御夫妻だったのだろう。今度出合ったらちゃんと挨拶することにしよう。R371から細い高野街道に入ると狭山までさほどのアップダウンもないので楽チンだ。それで今日はそこそこ元気があったので、一番勾配が緩くて楽なサカタニ前の道は通らず、1本手前の大野台1丁目に登る道にした。これが失敗でダンシングしたらいきなり足は攣りそうになって、そこから家まではヨロヨロとかなり辛い道のりとなった(汗)。今日は売り切れることもなく、とても楽しいロード練習になったな(嬉)。
[PR]
Commented by 鍋谷スト at 2010-04-04 22:29 x
こんばんは。ニューバイク「TREK」は相当気に入ってるようですね!信用できる機材を手に入れると、つい無茶っていうか限界を覗いて見たくなりますよね!TREKに乗ったTH69さんのダウンヒルはヤバイくらい速そうですね!
梨子ノ木峠は私も昔はよく上りましたが結構な激坂で苦しめられた記憶があります(汗) 懐かしいです。
Commented by th6969 at 2010-04-04 23:38
こんばんは。
「FELT」に乗ってた時は下りが下手糞になったかと思っていましたが、そうではなくてバイクが合わなかったからのようです。「TREK」はバイクの挙動が素直で扱いやすく、コーナーでの不安が全くありません。ホイールとタイヤはそのままなので、バイクが換わるとこんなに違うかなと驚いています。でも今日の高野山道路ははっきり言ってメチャクチャでしたので、以後自制するように気をつけます。

乗鞍の下りも去年は楽しめませんでしたが、今年は今から楽しみです。
Commented by 河合 at 2010-04-05 07:24 x
高野山行きお疲れ様でした
いい時間に出発なさいましたね~
僕らは早すぎて極寒地獄を味わいましたw
ホイールで走りがガラッと変わるのは自分でも体感していますが
同じホイールでもバイクによって挙動も大きく変わるんですねー
ニューマシン(まだまだ先ですが)が楽しみになって来ました!
Commented by th6969 at 2010-04-06 20:23
河合さん、こんばんは。
極寒地獄を味わわなくて良かったです(嬉)。体が少し暖かさに慣れてきてからの寒さは本当にこたえますね。そろそろ寒さも終わりにしてほしいものです。
ニューバイクはいいですよ。何か「やる気」にさせてくれますね。
by th6969 | 2010-04-04 15:57 | ロード練習 | Comments(4)