Time iClic (タイム アイクリック)のバネ調整

先日Wiggleで購入した「Time iClic Titan Carbon」のペダルだが、タイムペダル独特のフローティング感覚をカーボン板バネの強さで調整する機能があり、ノーマル状態の弱から中の強さに変更してみたところ、長年のタイムユーザーの私にも違和感がなくなりとても使いやすくなった。バネの強さの調整はマイナスドライバー1本で簡単に出来るから、調整せずに使っている人は一度試してみてはいかがかな。

Time iClic は今回のバネ調整でかなりお勧めできるペダルとなった。ステップインの簡単さ(はめやすさ)ばかり強調されているように感じるが、このフローティング感覚が簡単に調整できるというメリットはかなり大きい。初心者はもちろん他社ペダル愛用者がTime iClic に移行する時も、この調整機能によって違和感はかなり抑えられるものと思われる。

調整のやり方は以下の通り。
d0036883_19353717.jpg
Time iClic (タイム アイクリック)のペダル

d0036883_19354452.jpg
バネ調整はペダル後方の赤いプレートの横にある穴でやります

d0036883_19354999.jpg
必要な工具はマイナスドライバーで先が細めでないと穴に入りません

d0036883_19355464.jpg
調整する時に穴が削れます(汗)。いやなら調整しないかドライバーを削るか…


バネの強さは右へ回すと強くなりますが、分かりにくいのでペダルを裏返してカーボン板バネの出具合で判断するのがお勧めです。

d0036883_19355973.jpg
これがノーマルの「弱」の状態です。板バネはほとんど出ていません。

d0036883_1936549.jpg
これが「中」の状態です。板バネが若干出ているのがわかると思います。

d0036883_1936102.jpg
これが「強」の状態です。板バネがかなり出っ張っています。


Time iClic ペダルの購入は海外通販の「Wiggle」がお勧めですが、国内通販で購入される時は楽天の自転車ショップ「ワールドサイクル」さんの下記のリンクをクリックして頂けるとありがたいです。一応アフィリエイトやってますので…。

タイム ICLIC TITAN CARBON

タイム ICLIC TITAN CARBON

価格:39,800円(税込、送料込)

■カラー:ブラックレッド
■重量:179g(カタログ値)
■中空チタンシャフト
■カーボンコンポジットボディ
■ICLIC:ワンクリック・オープンシステム
■SENSOR:フローティング感覚の調整機能
■Qファクター:左右に2.5mm、±5°のフローティング
■広いペダル設地面積:447m
■バイオポジション(ペダルとソールの距離):13mm
■クリートリリース角:15°
■専用クリート付属



タイム ICLIC CARBON

タイム ICLIC CARBON

価格:22,800円(税込、送料込)

■カラー:ブラックレッド、ブラックブラック
■重量:235g(カタログ値)
■中空スチールシャフト
■カーボンコンポジットボディ
■ICLIC:ワンクリック・オープンシステム
■SENSOR:フローティング感覚の調整機能
■Qファクター:左右に2.5mm、±5°のフローティング
■広いペダル設地面積:447m
■バイオポジション(ペダルとソールの距離):13mm
■クリートリリース角:15°
■専用クリート付属



タイム ICLIC RACER

タイム ICLIC RACER

価格:16,800円(税込、送料別)

■カラー:ホワイトブラック
■重量:260g(カタログ値)
■スチールシャフト
■コンポジットボディ
■ICLIC:ワンクリック・オープンシステム
■SENSOR:フローティング感覚の調整機能
■Qファクター:左右に2.5mm、±5°のフローティング
■広いペダル設地面積:447m
■バイオポジション(ペダルとソールの距離):13mm
■クリートリリース角:15°
■専用クリート付属



タイム ICLIC CAFE CLEAT(1051-00095)

タイム ICLIC CAFE CLEAT(1051-00095)

価格:2,980円(税込、送料別)

ICLIC CAFE CLEAT
アイクリックカフェクリートならそのまま歩いてカフェにも入れます。

ワンピース構造のカフェクリートには3点のノンスリップ部分があり、それらは実際のペダルクリップの機能には関係ありません。この部分は耐久性の高い素材でできていますが、もし万が一擦り減ってしまってもペダルのクリート保持機能には全く関係がありません。
ですので、クリートの寿命も長く保てます。


[PR]
by th6969 | 2010-07-10 19:36 | 自転車 | Comments(0)