7月18日現在の鍋谷峠の状況

今日、鍋谷峠を通ってロード練習に行ってきたが、ほとんど問題なく通行できた。ガケ崩れの場所は鍋地蔵ときついS字コーナーの間にあるややきつい右カーブの手前で、1.5車線が1車線になっている程度だった。大阪側から登る時は全く問題ないが、下りの場合はブラインドの左コーナー通過直後となるので注意が必要だろう。

それから帰りの鍋谷峠は車がやたらに多く、最初は「テレビでこの道が紹介でもされたんかな?」と不思議に思いながら走っていた。下りに入るとさらに車が増えてバンバンやって来るようになり、おかげで前を走ってた鬱陶しい車が対向できずに躊躇している間をすり抜けてさっさと下る事ができた。そして「R371の紀見トンネルが通られへんからや!」とやっと気が付いた。すっかり忘れてたな~。

R371が通行止めの間は県外ナンバーも含めて馬鹿でかい下手糞車が大挙して押し寄せて来るので、自転車で鍋谷峠を越える場合は朝早くの方が精神的にいいだろう。私は8時50分頃に鍋谷峠を通過したが、その時は車の多さには気付かない程度だった。(そういえばバイクがやたらに多かったのはその影響だったのだろうな) それから下りは全ての車が下手糞であると考え、充分注意してキープレフトが必要か。そして車ではR371の通行止めが解除になるまで通らないのが賢明だろう。
[PR]
by th6969 | 2010-07-18 16:09 | 無題 | Comments(0)