110403 鍋谷峠途中(ロード・単独)

鍋谷峠往復コース

自宅-鍋谷峠途中-自宅

時間:1時間27分25秒
距離:39.9km
鍋谷峠ヒルクライム:雪のため途中で中止
d0036883_11361015.gif
(ポラールCS400データ・鍋谷峠途中までヒルクライム)

参ったなぁ…。4月にもなって大雪で(小雪かも(笑))練習中止やなんて考えられんな。今朝は寒いなと思いながら用意をして、出発前に外に出たら「さぶ~、冬の風や。昨日はあんなに暖かかったのにな。」 何で休みになるとこんな天気なんやろ。そして9時前に鍋谷峠に向けて出発した。

堺カントリー横の天野街道を走ってると、金剛山や葛城山がうっすらと煙っているように見えた。「ありゃ~雪やな。サカタニの水越朝練も雪やろな。鍋谷でよかったなぁ」と思いながら走っていたが、何の事はない鍋谷も雪で引き返す羽目になってしまった。

追い風のためかいつもよりも軽く進む感じで天野山周回路を通過し天野山カントリーの下りに入ると何かパラパラと落ちてきた。「また雪や」と思ったが前回よりはマシだったのでそのまま鍋谷峠を目指して走っていった。調子は悪くなさそうで時折ダンシングを交えながら鍋谷橋に到着し鍋谷峠ヒルクライムを開始した。

今日は裏鍋2往復と考えていたので、心拍は上げすぎず下げすぎずというやや中途半端なインターバルで、ギヤは緩い箇所で50X19、きつい箇所は50X21でペースアップ60秒(ダンシングで20回転後シッティング)流し60秒、一応ペースアップ中の目標ケイデンスは60で目標心拍は165以下とし上げすぎないように気をつけた。ダンシングでのペースアップの時も一気に上げるのでなく、徐々に目標ケイデンスまで上げていく感じだ。心拍を落とし切らないから案外きついが、耐乳酸トレーニングとしては効果的だ。沖縄旅行へ行こう辺りから雪はちらついていたが、インターバル5回目に入ろうとしたら急にひどくなったために即中止しクルッとUターンして引き返した。すぐ止める所がエエやろ(笑)。

帰りはほぼ自宅まで雪というか霰というか、結構当たると痛いのが降り続いていた。思い通りの練習は全くできなかったがシャーナイな。次のジテツウで挽回することにしよう。
[PR]
by th6969 | 2011-04-03 12:14 | ロード練習 | Comments(0)