2006年02月26日

風邪気味で昼過ぎまで寝ていたが、思い切って不動産屋(マキヌシ)に行ってきた。行ったらすぐに中古1軒と新築3軒を紹介してくれた。どの不動産屋に行っても物件が少ない(というかほとんどない)のに、ここは結構いい物件を持っているようだ。最初に中古の大野西の家を見に行った。家からさらに遠くなるのでどうかなと思ったが、なかなか感じのいい家に思えた。次に滝谷の新築(モデルルームだったもの)を見に行った。こちらは今風で、ちょっと合わない感じだった。さらに家の裏が西除川で、ちょうど増水していたため怖そうだった。次に西山台の新築2件を見た。こちらもあまりに今風の家で、いまいちパッとしなかった。また隣との間隔も狭く、とても窮屈そうだった。(今が広すぎるんだけどね)さらに回りが団地(元々何かの団地だった土地らしい)に囲まれているため、団地の底にいるような気分になり、どうもスッキリしなかった。そしてもう一度最初の家を見に行こうかと思っていたら、案内してくれた営業の人が「最初の家をもう一度見に行きましょうか」と言ってくれたので、また見に行くことにした。改めて見てみると、やはりいい感じでそこに即決した。3月中に絶対出ないといけなかったので、どうなることかと思ったが、神頼みが効いたのかいい家が見つかって本当によかった。あとはローンの審査を待つだけ。それが決まったら近所なので荷物をどんどん持って行こうと思っている。やっぱり普通の家がいいね。
[PR]
by th6969 | 2006-02-26 22:08 | ときど記 | Comments(0)