人気ブログランキング |

ワゴンRのブースト圧再調整 0.8で安定

昼からワゴンRのブースト圧の再調整をやった。0.5ではやっぱり低すぎるため、もう少し圧を上げてみることにした。目標は0.7程度で、圧を上げる方向(左ですね)へステーを少し曲げてみた。その後、アクチュエーターの動きをさらに良くしようと思って、そこからエンジンに伸びているシャフトをバイスグリップで挟み、それを持って左右に動かしてみた。すると最初は硬かったが、何度か動かしてやるとかなり軽く動くようになった。アクチュエーターはこれくらい軽く動くのが本当のようだ。軽く動くからブースト圧が高くなった時に圧を逃がして一定に出来るのだろう。長年乗っている人は一度試してみたほうがいいかもしれない。
ワゴンRのブースト圧再調整 0.8で安定_d0036883_23543768.gif
ワゴンRのブースト圧再調整 0.8で安定_d0036883_2355663.gif
それで調整をしてからグリルを付けずにボンネットを閉めてみたら、うまい具合にアクチュエーターの部分は隠れないことが分かった。これで、いちいちグリルを外さずに楽チンに調整できるな。早速例の試走コースへ行って試してみたら、ブースト圧は約0.6で安定していた。おぉ、ええ感じやなと最終処分場のところに車を止めてもう少し圧を上げるように再調整した。グリルなしやとほんまに楽チンやな。そして再び試走へ。いつもの上り坂でアクセル全開フルブーストにすると、約0.8で安定するようになった。目標の0.7よりは少し高くなったが、今まで1.1以上あったことを思うとまあこんなもんやろな。ブースト圧の調整はこれで完璧やな。
by th6969 | 2008-02-10 18:46 | カーメンテナンス