人気ブログランキング |

081207 鍋谷峠・裏鍋谷峠 (ロード・単独)

鍋谷峠・裏鍋谷峠コース

自宅-天野山-鍋谷峠-裏鍋谷峠-天野山-自宅
時間2時間29分30秒
距離:59.0km
鍋谷峠ヒルクライム:25分47秒
裏鍋谷峠ヒルクライム:26分59秒 (新道分岐の橋から頂上まで)

081207 鍋谷峠・裏鍋谷峠 (ロード・単独)_d0036883_17524278.gif
081207 鍋谷峠・裏鍋谷峠 (ロード・単独)_d0036883_1753580.gif
081207 鍋谷峠・裏鍋谷峠 (ロード・単独)_d0036883_17531776.gif
(↑ポララップのデータ ラップタイム順に並び替え表示)


朝は寒すぎたので部屋の掃除機掛けなどやってから、昼食後にロード練習に行くことにした。そして昨日買ってきたおニューのシューズカバーのデビューとなった。パール製のものだが、足首の内側にチャックがあり、パカッと完全に開くので装着しやすかった。前の部分はタイムのクリートと干渉しないかと心配したが、何とか大丈夫そうだった。そしてkunちゃんに見送られて出発した。kunちゃんも新しいママチャリで試乗がてらサイクリングに行くようだ。

今回も堺カントリーの道は避けて天野街道から天野山に出て、鍋谷峠を目指した。やはり昼からロード練習に出たのは正解のようで、日陰はさすがに寒いが日向はポカポカととても暖かかった。風も追い風のため結構いいペースで走ることができた。今日も前回と同じようにギヤを掛けて走ってみたが、足がだるくなることもなくいい感じだった。そして鍋谷橋から鍋谷峠ヒルクライムを開始した。

鍋谷峠も前回よりもさらにギヤを掛けて走ってみることにし、39X16でダンシングとシッティングを繰り返して登って行った。最初はギヤを掛けているだけにペースも良かったが、登るにつれてだんだん踏めなくなりケイデンスは平均45rpmと最低レベルになってしまった。それでもタイムは25分47秒と平均レベルでは登ることができた。しかも太腿の前の筋肉がだるくなることもなかった。何が良かったのかと考えたが、サドルをさらに後ろに下げたからか、回転をあまり上げずに走るようになったからかのどちらかだろう。

調子は悪くなかったのでそのまま下って裏鍋谷峠を登り返すことにして下り始めた。途中見晴らしのいい所で遠くに白い山の連なりが見えた。多分大峰山脈の山々だろうが、本当に真っ白でまさに冬山いう感じだった。そして茶店を過ぎ工事中のダートを走って裏鍋のスタート地点に到着した。シューズカバーをしていても足先は冷たくなってしまったので、しばらく日向で休憩してからスタートした。

裏鍋も同じく39X16でシッティングとダンシングを繰り返しながら登ることにした。最初は30回転ずつで走っていたが、ちょっと長すぎたため20回ずつに変更した。とにかく緩くてもきつくても20回ずつを繰り返した。これが良かったのか、売り切れていなかったためか、裏鍋谷峠としてはラップを取り始めてからでは最高の26分59秒で登り切ることができた。

鍋谷の下りはさすがに寒そうだったのでウインドブレーカーを着てから下り始めた。帰りも快調で、余裕を持って家に戻ることができた。売り切れなくなったのが嬉しい。この調子が続くといいなぁ…(笑)。
by th6969 | 2008-12-07 18:31 | ロード練習