人気ブログランキング |

2008年12月15日

最近茶トラちゃんしかいないので、あまり面白くない。茶トラちゃんは相変わらず「グルングルン」と言いながら寄ってきてスリスリしてくれる。何となくスリスリしながら鼻水を拭かれているような気がしないでもないが…。

家は冬は赤ワインなのだが、やはり魚料理には合わないことが多い。それで今日、面白いことに気が付いた。薄塩の塩焼きの鮭を食べていた時、これならばマヨネーズを付けても美味しそうだと思い、それで食べてみたら予想通り美味しかった。そして赤ワインを飲んでみたら「いけるやん!」という感じだった。焼き魚で食べていた時には全く美味しくなかったのに、マヨネーズで食べている時に飲んだらそこそこ美味しかった。赤ワインは魚に合わないのではなくて、日本的な魚料理の焼き魚や生で食べる魚に合わないのだろう。ワタシ的には赤ワインに一番合わないのは、煮干やちょっと大きめのジャコのように思われる。

どんどん広場で買ってきた椎茸が結構立派だったので、干し椎茸にすることにした。作り方は適当な大きさに切って干し網に並べ、雨の掛からない所に干すだけと簡単だ。干し椎茸は「菌床」栽培のでやると悲しいくらいに小さくなってしまうから、できるだけ「原木」栽培の椎茸を使った方がいい。家でも最近は少々高くても「原木」椎茸しか買わないようになってきた。パックに必ず「菌床」とか「原木」とか書いてあるから、原木で安いのがあれば即購入しよう。
by th6969 | 2008-12-15 23:47 | ときど記