Windows Image Acquisition (WIA)

私のPCの起動時間が異様に長くなってしまった。ようこそ画面で数十秒固まり(HDDへのアクセスなし)、壁紙だけが表示されてまた数十秒固まり(やはりHDDへのアクセスなし)、その後通常に起動して普通に使えるのだ。以前にも同じ症状になって、その時も色々やって何とか解消したので「またか」という感じだった。

フリーソフトの「スタートアップチェッカー」で、まずスタートアップに登録されているプログラムのチェックを行った。すると知らない間に一つ増えていたのでそれを削除した。それから同じく「スタートアップチェッカー」で、実行されているサービスのチェックを行った。まず調べるのは表題の『Windows Image Acquisition (WIA)』で、前回はこれが起動の遅さの原因だった。すると案の定サービスの設定が「自動」になっていた。「何でやねん」と思いながら「Windows Image Acquisition (WIA)」を無効にして再起動した。すると「メチャ速い!」やっぱりこのサービスが原因やったようやな。「Windows Image Acquisition (WIA)」は「スキャナとカメラのためのイメージ取得のサービスを提供します。」ということなのだが、私には全く必要ないサービスの上、PC起動時に何かを読み込もうと裏で動くため、PCの起動が非常に遅くなってしまうようだ。このサービスは「無効」にするべきと思われる。ただ、何かのソフトなどがこのサービスに依存している場合もありえるので、その時は再度サービスを「手動」あるいは「自動」にして試してみてほしい。

私のように「ようこそ画面」で固まり、「壁紙だけの表示」で固まり、起動が遅くなっている人は『Windows Image Acquisition (WIA)』というサービスを無効にして試してみたら改善するかもしれない。他にも色々要因はあるから確実にとは言えないが、同じ症状ならかなりの確率で改善するものと思われる。


○Windows Image Acquisition (WIA)のサービスの無効化手順は次のとおり

d0036883_2341470.gif
スタート>ファイル名を指定して実行をクリック

d0036883_2345522.gif
入力欄のボックスに「services.msc」と入力し、「OK」ボタンをクリック。

d0036883_2365847.gif
するとサービス一覧のウインドウが表示されるので、Windows Image Acquisition (WIA)が実行されているかどうかをチェック。

d0036883_2382689.gif
Windows Image Acquisition (WIA)が実行されていている時は選択して、
右クリック>プロパティをクリック

d0036883_23102977.gif
すると「(ローカル コンピュータ) Windows Image Acquisition (WIA) のプロパティ」というウインドウが表示されるので、「全般」タブの「スタートアップの種類」を「無効」にして「OK」ボタンをクリック

再起動して起動時間の確認


以上の作業をやって起動時間が短縮したら原因はやはり「Windows Image Acquisition (WIA)」となり、変化なしなら原因は他にあることになります。
[PR]
by th6969 | 2009-02-25 23:18 | パソコン | Comments(0)