人気ブログランキング |

2008年06月01日

今日は充実していたが、メチャクチャ忙しい一日やったな。朝からロード練習、帰ってきたらすぐにワゴンRのマフラー交換、昼食後ポラールCS400の解析、マフラー交換をDIYでやった様子を「DIYしよう!」にアップ・・・。特にマフラー交換では撮った画像が多かったため、かなり取捨選択したが結構な枚数になってしまった。こういうのは記憶の新しいうちにやらんと、訳が分からなくなるからな。

「DIYしよう」では、ずっとCT21SでのDIYを載せてきていたので、MH22Sに換わってからのDIYのページをどうするか(ファイル構成など)について、結構悩んでしまった。HP作りをやり始めた頃は、後々のことなど考えないで作っているので、車を乗り換えた時のことなど全く考えていなかった。それで「さて、どうしようか」と考えたのだが、今までのDIYのページを「ct21s」などというフォルダに収めてしまってから、新たに「mh22s」フォルダに新しいDIYのページを作って行く、というのが本当の基本でファイル構成もとても分かりやすくなる。でも、それをやると各DIYのページのURLが変わってしまうため、直リンクしているリンク先などでは確実にリンク切れになってしまう。これはこれで不親切と思われるので、今までのファイル構成はそのままにして、同じフォルダ内に新たに「mh22s」フォルダを作り、そこに新しいDIYのページを収めていくことにした。フォルダの階層が深くなると色々面倒臭いが、このあたりで妥協するしかなさそうだ。

実家へ行ったらガシが裏にいて、kunちゃんに見つかった。私が見に行くとすぐに表の方へ走って行ってしまった。だから今日の抜け毛の手入れはなし。その後、kunちゃんがゴミを出しに行ったらゴミ箱の近くに座っていて、なかなか逃げなかったそうだ。私が見に行ったらお隣のガレージに行って、コロンコロンしたり、体をペロペロ舐めたりしていた。これって、ちょっとは親しみの表現なのかな。
by th6969 | 2008-06-01 23:55 | ときど記

マフラーをフジツボのレガリスKに交換した。ジャッキアップはリヤ側のみで、約1時間半で交換できた。また、5MTでも何の問題もなく取り付けられることが分かった。見た目はなかなかいいが、音はちょっと静かすぎかも…。
1855 ワゴンR MH22S のマフラー交換_d0036883_14241933.jpg
(before)

1855 ワゴンR MH22S のマフラー交換_d0036883_14242856.jpg
(after)


排気音はアイドリングでは純正とほとんど変わらず、加速時など回転が上がると若干音が大きくなる程度だった。この交換でちょっとでもトルクが上がり、走りやすくなることを願っている。

 ○[DIYしよう!]
by th6969 | 2008-06-01 14:26 | カーメンテナンス

鍋谷峠から三国山往復コース
自宅-天野山-鍋谷峠-三国山(往復)
時間:2時間21分45秒
距離:54.6㎞
鍋谷峠ヒルクライム:25分39秒
三国山ヒルクライム:17分32秒
080601 鍋谷峠-三国山 (ロード練習・単独)_d0036883_1337495.gif

ワゴンRのマフラー交換の予定もあるので、早起きして8時前には鍋谷峠に向かって出発した。日差しはすごいが、自転車で走っていると涼しい風が心地よかった。調子はまあまあで、それほど悪くはなさそうに思えた。父鬼の集落を通る時に、やたらと人が集まっているのが気になったが、その時は何で集まっているのか分からなかった。

そして製材所前の鍋谷橋に到着し、鍋谷峠での登りインターバルトレーニングを開始した。今回は39X19のギヤに固定し、ペダル50回転ダンシングでスピードアップ(目標心拍数173)、その後シッティングでペダル50回転心拍170を維持、そして流して走り心拍155まで落ちたらダンシングの繰り返しにした。最初のうちはいい感じでインターバル出来ていたが、後ろから車がどんどん登ってくるのが気になって、集中力が切れてしまった。その車というのは先ほど父鬼に集まっていた人たちの集団で、軽トラなどに分乗して道の清掃に行くところのようだった。いつも道を走らせてもらっている方だから文句は言えないが、時間がちょっと悪かったようだ。(これよりも遅かったらもっと大変だったようだ) それでも途中1回インターバルを失敗しただけで、峠まで登り切ることができた。

峠からはいつも通り三国山に向かって登っていった。この登りでも今回はインターバルの真似事のような走り方をやってみた。ペダル30回転ダンシング後ペダル30回転シッティング、」心拍155まで流しというものだが、ある程度は出来ていたようだ。そして三国山に到着、すぐに下り始めたが道が濡れていたのでゆっくりだ。鍋谷峠には警備員がいて「気をつけて走ってください」と言ってくれた。下り始めたらその言葉通り道の両側で草を刈ったり、ゴミを運んだりしている人がたくさんいて、とても危なかった。そういう人たちは自転車などにはほとんど無頓着で、平気で草刈機を振り回したり、左右を確認せずに道を渡ろうとしたりして、ゆっくり走ってなかったら事故ってもおかしくなかった。もう少し遅かったらこれに巻き込まれていたところだったので、早めに走りに来て正解だったようだ。

家に着いたら予定通り10時過ぎで、昼ご飯までにマフラー交換を終えることが出来そうだった。さあ、次はマフラー交換だ。
by th6969 | 2008-06-01 14:08 | ロード練習