人気ブログランキング |

2011年 02月 01日 ( 1 )

「ファンライド」のトレーニング系の動画を見ていて面白いことに気づいた。今中選手は「骨盤を立てて背中に丸くアーチを作る」ようなフォームを推奨し、今西選手は「骨盤を寝かせて胸を張る」ようなフォームを推奨していた。実績のある選手二人が全く正反対の事を言ってるのに驚き、「一体どっちなんや?」という疑問が湧いた。まあ自分が一番楽に踏めるフォームならばどっちでもいいのだとは思うが、どちらか一方の解説のみ見て「こんなすごい選手が言ってる事だから間違いないだろう」と信じ、自分に合わないフォームで乗ってる人も多いんじゃないかな。そういう人はとても不幸だと思うので、もしかすると自分には逆の方が合ってるのかもしれない、ということを念頭に置いてフォームを考え直してみる事をお勧めする。
骨盤は「立てる」のか「寝かす」のか_d0036883_2358451.jpg
「骨盤を立てて背中に丸くアーチを作る」今中選手

骨盤は「立てる」のか「寝かす」のか_d0036883_2358365.jpg
「骨盤を寝かせて胸を張る」今西選手


ワタシ的には昔のフォームから考えても「骨盤を寝かす」方ですね。特にヒルクライムではかなり胸を張って乗っていたように記憶していて、その方がケツ筋や太腿の裏の筋肉をうまく使えていたのだと思います(今はうまく使えませんが…)。骨盤を立てて乗ってて「どうもうまく踏めない」という人は一度「骨盤を寝かせて」乗ってみてはいかがかな。

クリートの向きとか、ペダル軸と拇指球の位置とか、膝の開きとか、一般的に常識と思われているロードバイクのセッティングやフォームも本当にそれがいいのかどうかは疑問ですね。
by th6969 | 2011-02-01 23:20 | 自転車