人気ブログランキング |

2011年 02月 06日 ( 2 )

2011年02月07日

ロード練習から帰ってから、壊れたピラーにMTBの上ヤグラをナット代わりに使っているのをそのまま使った方が簡単だ、ということに気付いた。結局構造は同じだから、MTBの上ヤグラ(雌ねじつき)を壊れたピラーの上ヤグラとして使うとしっかり固定できるので安心だ。それで夜にやってみたらバッチリだった。これでしばらくは大丈夫やな。

スズキチ君に電話して、次の日曜日に超久し振りにステアの練習会と私のロードバイクのパーツ交換(壊れたピラーなど)をやる事にした。でも、また寒くなりそうな予報なので寒さに弱いスズキチ君が走れるかどうかはビミョーだ(笑)。向こうを走るのはほんまに久しぶりなので、結構楽しみだ。コースはどこにするかな。

ステムはさらに10mm上げて結局全てのスペーサーをステムの下に移した。出っ張りがなくなって格好よくはなったが、その出っ張り部分にゴムバンドで取り付けていた「ちょうちんアンコウ」の取り付け場所がなくなってしまった。試行錯誤の結果ステムの固定ボルト2本の間のくぼみに強引に取り付けてみたら結構使えそうなので、しばらくそれで行くことにした。「ちょうちんアンコウ」は電池交換で明るさもバッチリ、100円でこれだけ持ったら充分やな。
by th6969 | 2011-02-06 23:27 | ときど記

裏鍋谷峠往復コース

自宅-鍋谷峠-折登-裏鍋谷峠-自宅

時間:2時間25分30秒
距離:58.8km
鍋谷峠ヒルクライム:24分16秒
裏鍋谷峠ヒルクライム:27分08秒
110206 裏鍋谷峠往復(ロード練習・単独)_d0036883_14493992.gif
(ポラールCS400データ・鍋谷峠ヒルクライム)

110206 裏鍋谷峠往復(ロード練習・単独)_d0036883_14493967.gif
(裏鍋谷峠ヒルクライム・50X19でオールダンシング)


金曜日のジテツウで鍋谷峠ダンシングヒルクライムをした時にハンドルが低過ぎで近過ぎと感じたのと、「やまめの学校」のセッティングを参考にして、ステムを20mm上げてさらにハンドル角度も若干前上がりに変更、サドルはさらに2mm前に出した。サドルがどんどん上がってきたから、気付かないうちにハンドルがその分低くなってたようだ。

走り出してすぐに「メッチャ乗りやすい(嬉)」と感じ、ダンシングもかなりやりやすくなっていた。天野山周回路を走りながらもっと踏みやすくて進む位置はないかとお尻を前後に動かしていたら、サドルをもう少し前に出した位置がさらに良さそうに感じた。それで天野山周回路のゴール手前(いつもサカタニが集まってたとこです)でサドル位置をさらに2mm程度前に出してヤグラを締めてたら、一旦固くなったのでグイッと回したら「スコ~ン」とねじが抜けてしまった(汗)。「アリャリャリャ…。やってしもた」元々安モンのピラーだったが、上のヤグラを締め付けるアルミの棒状のナットのねじ山が抜けてしまったようだ。シャーナイからサドルをグラグラさせながらオールダンシングで帰る羽目になってしまった。ピラー壊れたのが天野山だったのは不幸中の幸いで、ゆっくりでも15分くらいやから何てことなしに家に戻る事ができた。鍋谷を越えてからやったら大変やったやろな(苦笑)。

家に戻ってまず昔のMTBのピラーを抜いてピラー径を確認。「あかん、27.0や…」 今はほとんど乗ってないがkunちゃん用のMTBのピラーも確認。「あかん、これも27.0や…」 TOYOのロードに付いてるカンパのピラーは27.2だが限界まで切ってるので使えない。それで試しにMTBのピラーの上のヤグラ(雌ねじ付き)に壊れたピラーのボルトを通してみたらスーッと通り全く同じねじである事が分かった。それで考えたのが、MTBのヤグラをナット代わりにして締め付けてみようというアイデアだった。やりにくいけどやぐらをひっくり返して下からボルトを通し締め付けてみると・・・「いけた~!バッチリや(嬉)」 完全な締め付けは無理だがしばらく使うだけなら充分大丈夫だろう。ということで、気を取り直して再出発した。

サドルを取り付ける時にさらに2mm程度前に出したが高さは変えなかったため、何となくサドルが低く感じられた。応急処置のピラーなので今変えるのもな~と思い、結局そのまま鍋谷峠に向かって走っていった。いつもより楽によく進む感じがしたのは、「やまめの学校」を参考にしたセッティング変更の成果かもしれんな。鍋谷峠ヒルクライムはいつも通り50X21でシッティングで登る事にした。目標ケイデンスは52、心拍は160を超えない程度にした。途中まではそこそこのペースだったが、サドルの低さの影響か足がだるくなってきて踏めなくなってしまった。心拍も上がらないがペースも上がらず鍋谷峠にゴール、タイムは24分16秒で最近としては悪い方だった。

そのまま裏鍋を下り折登から裏鍋谷峠ヒルクライムを開始した。その前に低過ぎに感じたサドルを2mm前に、3mm上に変更した。ハンドルを上げてダンシングがやりやすかったので、今回はギヤを掛けてオールダンシングで登ってみる事にした。ダンシングも「やまめの学校」を参考にしてペダルを踏むというよりも脚を下ろす感じ、階段を登るようなイメージで走ってみた。最初の急坂はうまく行かなかったが、新道と合流した所でギヤを50X19に上げてからは何となくイメージ通りに走ることができた。いつもなら使わないような重めのギヤなのに、踏める上に脚が疲れないのだ。上半身もハンドルをほとんど引いたり押したりしないから、こちらも疲れない。おかげで何てことなしにずーっと50X19のオールダンシングで登り切ることができた。この感覚は目から鱗というか、何かとても新鮮で驚きだった。心拍も最大で160(平均では152)だったから無理して重いギヤを踏んでるという感じは全くない。特に階段を登っている様子をイメージした時によく進み、逆に力を入れて踏み込んでしまうと進み方が悪いように感じた。まだほとんど研究もしてないのに「やまめの学校」恐るべしやな。機会があったら本当に入学してみたいものだ。その前にとりあえず「やまめのブログ」などで研究してみる事にしよう。

今日はピラーが壊れたおかげでヒントを少しつかむ事ができた。乗ってて楽しい(結局楽によく進むということですね)のが一番やね。
by th6969 | 2011-02-06 15:45 | ロード練習