カテゴリ:TH69の自作ソフト( 92 )

エクセルで作った米国株の取引履歴、保有株の損益や配当等について記録管理するソフト「TH69の亜米利株」がベクターで公開されました。自分が使いやすいように作ったものですが、結構使えそうなので公開することにしました。最新株価はグーグルファイナンス(米国)から、最新為替レートはヤフーファイナンス(日本)から自動で取得します。保有株の管理に加え、気になる銘柄を登録して必要資金をシミュレートしたり、気になる銘柄の最新情報をグーグルファイナンスのページで確認することもできます。また保有株の評価額でポートフォリオのグラフ表示や、年間予想配当の構成比でのグラフ表示機能もあります。

 ○「TH69の亜米利株」(ベクター)

【ソフト紹介】
エクセルで作った米国株の取引履歴、保有株の損益や配当等について記録管理するソフト(テンプレート)です。私自身、米国株取引の初心者ですので、管理項目の中で何が必要で何が不必要なのかが全く分かっておりません。また、株用語や計算式についても間違いや勘違いなど多々あるものと思います。このソフトを使ってみたご感想やご意見、ご要望などお聞かせ頂ければありがたく思います。

d0036883_22084907.gif
「取引履歴」シート


d0036883_22084943.gif
「保有株管理」シート


d0036883_22084898.gif
「ポートフォリオ」シート

[PR]
by th6969 | 2017-12-20 22:18 | TH69の自作ソフト | Comments(0)

エクセルで作った「関西ヒルクライムTTデータ解析」がVer.3.0c にアップしました。
今回のアップデートでは

★走破済みの全コースについて10年間に渡り集計及び一覧表示する「全コース集計」
  シートを追加し、各コースの登坂回数、時間、最高タイム及び最低タイムをトータル
  と年別で集計表示するようにしました。

★「全コース集計」シートのコースの前に降順の連番を付けて、走破コース数が一目で
  分かるようにしました。全コース走破の目安などにご利用ください。

【簡単な新機能の使い方】
1)いつも通りにcsvファイルの更新を行います。

2)今バージョンで追加した「全コース集計」シートに移動します。
d0036883_13205953.gif


3)「全コース集計」シートの「更新」ボタンをクリックします。
d0036883_1345871.gif


4)自動で集計して表示します。(並びは最近走った順になると思います)
d0036883_1345870.gif


5)ファイルを閉じる時に下のような画面が表示されますが、データベースは
  保存完了していますので、「保存する・しない」はどちらでもいいです。
  保存しない方が邪魔臭くなくていいかも。
d0036883_1345985.gif

 ●関西ヒルクライムTT

[PR]
by th6969 | 2016-04-29 13:30 | TH69の自作ソフト | Comments(0)

エクセルで作った「関西ヒルクライムTTデータ解析」がVer.2.0にアップして、フィルタ機能により特定コースのタイムを昇順や降順表示できるようになりました。あと、「年」や「月」でフィルタを掛けて特定期間のみを抽出・集計等も簡単に行えます。この機能は結構便利と思いますので、簡単な使い方を紹介します。

1)いつも通りにcsvファイルの更新を行います。
  この時に「フィルタ集計」シートに最新データをコピーします

2)「フィルタ集計」シートを表示すると、全てのデータが日付降順で表示されます。
  まず最初に集計したいコースでフィルタを掛けます。
  「D1」セルの「コース」の右端にある「▼」をクリックします
d0036883_22313541.gif


3)クリックすると下の画像のようなリストが表示されますので、「すべて選択」の
  チェックを外ます。
d0036883_22313520.gif


4)するとすべてチェックが外れた状態になります。
d0036883_22313681.gif


5)そして集計したいコースにチェックを入れてOKボタンをクリックします。
  ここでは「鍋谷峠(大阪側)」にしました。
d0036883_22313627.gif


6)「鍋谷峠(大阪側)」が抽出され、日付降順で表示されます。
  次にタイム順で並び替えを行ってみます。
  「E1」セルの「タイム」の右端にある「▼」をクリックします
d0036883_22313728.gif


7)出てきたリストの「昇順」をクリックします。
d0036883_22313781.gif


8)「鍋谷峠(大阪側)」のタイムが昇順(ベストタイム順)で表示されます。
d0036883_22313882.gif


9)ちなみにここで「降順」をクリックするとワースト順に表示されます(笑)
d0036883_22313881.gif


10)さらに「年」でフィルタを掛けたり
d0036883_22313935.gif


11)「月」でフィルタを掛けたり、色々抽出できます。
d0036883_22313982.gif


12)下の画像は「2015年」の「10月」でフィルタ抽出したものです。
d0036883_22314083.gif


13)フィルタを解除する時は、下の画像のようにフィルタを掛けた列の右端にある
  「▼」をクリックして「フィルターをクリア」をクリックします。
d0036883_2231403.gif

  基本的なフィルタ解除の方法は上の通りですが、邪魔臭いときはファイルを
  保存せずに閉じて再度開きます。(再度csvファイルの更新でもOKです)

  最後に、フィルタ集計を行うとファイルを閉じる時に「保存しますか」と聞かれ
  ますが、保存せずに終了でOKです。(別に保存しても構いませんが…)

  次回csvファイルの更新を行うと、フィルタは解除されて全データが日付降順で
  表示されます。

  ※もし分からない点があれば遠慮せずにご質問くださいね

[PR]
by th6969 | 2016-04-10 23:14 | TH69の自作ソフト | Comments(0)

オンラインソフトウェア流通サイト「Vector(ベクター)」のメルマガ「ベックル:2015.10.21」で、自作エクセルソフトの「TH69の車走簿」が紹介されました。「g-clef」さんがコメントを書いてくれたからやけど、自分が便利と思ってるものが他の人にも便利と感じてもらえるのはとても嬉しいな。
d0036883_2159296.gif

 ○TH69の車走簿 (ベクター)
[PR]
by th6969 | 2015-10-22 22:13 | TH69の自作ソフト | Comments(0)

「TH69の光熱比」Ver.6.0の変更ファイルの動作確認や修正作業がやっと終了し、本日ベクターに登録申請した。下にこれまでの改訂履歴を載せてみたが、製作開始時期が2007年の4月頃やから何と7年間もバージョンアップし続けてきたことになるのには我ながら驚きだ。まあ、ずっと自分で使ってきて自分の使いやすいように改良し続けてきたからやけどな。これも日々改善、日々改良の成果やね。
d0036883_9571347.gif

【改訂履歴】
2014/03/18 Version 6.0
「光熱費入力」シートはデータ入力のみとし、各計算については「計算結果」シートで行うように変更。「電気」「ガス」「水道」の前年比較シートに、年間使用量を前年と比較し増減をパーセント表示する欄を追加。使用開始時の入力位置を明確にするため「光熱費入力」シートと「計算結果」シートに1から始まる連番の「№」列を追加。「光熱費入力」シートのデータ入力欄を現行の20年分(240行)から30年分(360行)に変更。

2013/04/27 Version 5.1a
「年別推移」シートの電気・ガス・水道使用量集計欄の単位が表示されていなかったのを修正。「年別推移」シートのガス・水道の表示単位を整数(小数点以下を表示しない)に修正。

2013/03/29 Version 5.1
光熱費が未入力の「年」や「月」を「光熱費推移」シートに入力すると「対前年同月比」が「-100%」となるのを修正。光熱費を最初に入力する時に、「年」と「月」は必ず入力するよう促すため、コメントを表示するようにした。

2012/10/01 Version 5.0
「電気」「ガス」「水道」の前年比較シートに「対前年同月比」をパーセント表示するようにした。他に数式の見直し等多数。

2009/08/09 Version 4.0
「日割り使用量」で比較するようになり全く意味のなくなった「日割り単価」関係の計算式及びグラフを全て削除した。

2008/07/11 Version 3.8
Ver.3.7の「光熱比入力シート」に数式ミス(数式の抜け)が発覚したため、数式の修正を行った。

2008/06/28 Version 3.7
ソフト名の「単価で比較!」は意味がないため、ソフト名を「TH69の光熱比」に変更した。「光熱費推移(過去5年)」シートを過去10年にわたって集計するように変更した。見た目の変更を色々行った。

2008/06/22 Version 3.6
「日割り単価」は意味がないので「日割り使用量」をグラフの一番上に表示するようにした。「日割り単価」は最下部に表示。「水道」の「日割り使用量」で数式ミス(2ヵ月分の使用量を1ヵ月分の日数で割っていたので、単純に倍になっていた)が発覚したため、数式の修正を行った。「光熱費推移(5年分)」シートに数式ミス(参照先のセル番地入力ミス4箇所)が発覚したため、数式の修正を行った。グラフの背景色を薄黄色からグレーに変更した。

2008/02/26 Version 3.5
水道料金の1ヶ月毎の検針に対応したファイルを同梱。「光熱費入力シート」と「計算結果シート」の並びを同じに変更。

2007/05/24 Version 3.4a
「光熱費入力シート」で、水道は2ヶ月毎検針のため、最初に入力するのを「電気」から「水道」に変更。Version 3.4a を公開することに決定。

2007/05/23 Version 3.4
「年別推移」の集計開始の「年」と「月」を指定できるように変更。光熱費変動の要因前後の比較が可能になった。

2007/05/22 Version 3.3
10年分の年間支払額と年間使用量を集計しグラフで表示する「年別推移」シートを追加。

2007/05/20 Version 3.2
光熱費入力シートを元に、月の日数や日割単価、日割り使用量などの計算結果を表示させるシートを追加した。

2007/05/19 Version 3.1
光熱費集計時の表とグラフの年月を同じ位置にして、グラフと表を同時に見やすく確認できるようにした。

2007/05/18 Version 3.0
月間使用量をその月の日数で割った「日割使用量」を計算し、本当の月毎の比較ができるようにした。

2007/05/03 Version 2.1
月別光熱費推移(過去5年分)シートを追加し、過去5年に遡ってデータ及びグラフ化するようにした。

2007/05/02 Version 2.0a
光熱費データシートに備考欄を追加。

2007/05/01 Version 2.0
水道料金2ヶ月毎支払いに対応したシートが完成。

2007/04/28 Version 1.0
水道料金1ヶ月で計算したシートが完成。未配布。水道料金は2ヶ月毎支払いが大多数であるという事が分かり、計算式の変更に着手。
[PR]
by th6969 | 2014-03-30 11:24 | TH69の自作ソフト | Comments(0)

今回のバージョンアップは以前からの懸案だった「光熱費入力シートはデータ入力のみとし参照先としない」ようにすることを目標にした。せっかく計算結果シートがあるのに何でそちらを参照先にしなかったかな~と自分ながらいつも不思議に思っていたが、面倒臭いので踏ん切りがつかずにずっとほったらかしになっていた。でも、やり始めたらそれほど面倒でもなく、エクセルの「置換」機能を最大限に活用して結構簡単に完了させることができた。数式の入った列を隠す必要もなくなり、次回バージョンアップ時からデータの移行がメッチャ簡単になる予定。

2014/03/18 Version 6.0
「光熱費入力」シートはデータ入力のみとし、各計算については「計算結果」シートで行うように変更。
d0036883_9571347.gif
d0036883_1013740.gif


「電気」「ガス」「水道」の前年比較シートに、年間使用量を前年と比較し増減をパーセント表示する欄を追加。
d0036883_9565857.gif


使用開始時の入力位置を明確にするため「光熱費入力」シートと「計算結果」シートに1から始まる連番の「№」列を追加。
d0036883_100552.jpg


「光熱費入力」シートのデータ入力欄を現行の20年分(240行)から30年分(360行)に変更。
d0036883_9584068.gif
う~ん、使い切る前に死んでるかも(笑)
[PR]
by th6969 | 2014-03-22 10:03 | TH69の自作ソフト | Comments(0)

【前バージョンからの移行】
データの移行はデータ入力列毎のコピー&ペーストで大丈夫と思っていたのですが、実際にやってみると「年の列の太い枠線」まで一緒に貼り付くことが分かりました。使用上は全く問題ありませんが、見た目が悪いので以下の要領での移行をお願いします。

1)旧バージョンの『年・月・日』の列の入力済み部分全体を選択し、選択した列の上で右クリックして出てきたメニューの「コピー」をクリックします。(データが少ない場合はマウスによるドラッグでOKと思いますが、データが大量の場合は「年」の列の一番上のセルをクリックしたあと、データ入力済みの最終行までスクロールして「Shift」キーを押しながら「日」の列の一番下のセルをクリックして全体を選択します)
d0036883_23202553.gif


2)新バージョンの『年』の列の一番上のセルを右クリックし、出てきたメニューの「形式を選択して貼り付け」をクリックします。
d0036883_23204950.gif


3)出てきた「形式を選択して貼り付け」ダイアログの『貼り付け』欄の『値』にチェックを入れます。
d0036883_23221341.gif


4)「OK」ボタンを押してダイアログを閉じれば『年・月・日』の列に値のみが貼り付けされます。
d0036883_23223280.gif



「総距離」以降の列については従来通りのコピー&ペーストでOKです。(もちろん値の貼り付けでもOKです)やり方は以下の通りです。

やり方としては旧バージョン(ご使用中のファイル)の入力欄の一番上のセルを選択した後、「Ctrl」キーと「Shift」キーを押しながら「↓」を押して当該列の入力済み部分全体を選択します。選択した列の上で右クリックし出てきたメニューの「コピー」をクリックします。(「Ctrl」+「C」やツールバーの「コピー」でもOKです)

そして新バージョンの当該列(旧バージョンと同じ列)の一番上のセルを右クリックし出てきたメニューの「貼り付け」をクリックします。(セル選択後に「Ctrl」+「V」で貼り付けやツールバーの「貼り付け」でもOKです)

ご面倒ですが残りの列についても同様の作業を行い、データの移行を完了してください。

何か思いがけずややこしい事になってしまい申し訳ございません。分かりにくい場合は遠慮なくご質問ください。
[PR]
by th6969 | 2013-07-31 23:33 | TH69の自作ソフト | Comments(0)

「TH69の車走簿 Ver.4.4」がベクターで公開されました。

 TH69の車走簿Ver.4.4 (ベクター)

旧バージョンからの移行方法は、また後ほど。
[PR]
by th6969 | 2013-07-30 20:27 | TH69の自作ソフト | Comments(0)

「TH69の車走簿」がバージョンアップ予定です。次期バージョン「Ver.4.4」では、データ入力欄の左端にナンバー列を追加しました。それによって今が何回目の給油なのかが一目で分かりますし、初回入力時のデータ入力位置間違い(知らない間にスクロールしてた等)も防止できるものと思います。

また、フィルターを掛けて抽出したいデータの期間が「月」や「年」をまたがる時などに、ナンバー列で「オートフィルタオプション」によって期間を指定(○以上and●以下など)できるようになり、さらに応用範囲が広がりました。

ただ、1列増えたために「日」のセルのセル結合が解消できたのですが、それによって旧バージョンからのデータ移行には少し「コツ」が必要になりました。その方法についてはベクターで公開され次第ここにアップしようと思います。

では、今後とも「TH69の車走簿」をよろしくお願いいたします。
d0036883_14223065.gif

d0036883_14223447.gif

[PR]
by th6969 | 2013-07-27 14:22 | TH69の自作ソフト | Comments(2)

「TH69の光熱比」と「TH69の車走簿」のニューバージョンががベクターで公開されたようです。今回カテゴリーを見直したので以前とはビミョーにURLが違っているようです。

 TH69の光熱比Ver.5.1a (ベクター)

 TH69の車走簿Ver.4.3a (ベクター)

それからタコメータの付いてないワゴンR・MH34S・5MT用にこんなの↓作りました。
d0036883_23204950.gif

もし使用してみたいという奇特な方が居られましたらご連絡ください。一般公開を検討します。(もちろん他の車でも使用できます)
[PR]
by th6969 | 2013-07-09 23:25 | TH69の自作ソフト | Comments(0)