2006年10月30日

せっかちな人は疲れるなぁ…。どうして、もう少し考えてから動けないのかなぁ…。
[PR]
by th6969 | 2006-10-30 20:07 | ときど記

2006年10月25日

会社で日々使っている検査書を、どんどん自動化している。社内の完成品検査の検査書はほぼ完全に自動化し、ロット№を入れるだけで寸法公差などが全て出るようになり、あとは実際にデジタルノギスで測定しデータをパソコンに送るだけで検査書が印刷されて出てくるようになった。それに比べて客先提出用の検査書は、手書きや転記が中心の作業のため面倒臭く感じるようになってきた。それでエクセルでフォームを作って、デジタルノギスで測定値を入力するだけで、合否判定まで自動で行えるように改良しつつある。もちろん測定値が公差から外れたら文字の色を変えて警告するようにしている。そして改良に改良を重ねて、やっとほぼ思い通りに動く検査書のフォームが出来上がった。今後はこのフォームを基に検査書を作って『簡単で楽に早く』できる検査を行いたいと思っている。たぶん某八幡ネジの子会社の検査書作成ソフトよりは格段に使いやすいものになったと思うのだが…。(自画自賛(笑))
[PR]
by th6969 | 2006-10-25 22:53 | ときど記

イタリアワイン

イタリアワインは軽くてフルーティーというイメージが少し変わってきた。たまたまシチリア産のワインを2本飲んだのだが、どちらも結構濃くて味わい深かった。また、今日やってきたイタリアワインも、500円ながら結構濃いワインだった。そんなことがあって、自分のイタリアワインのイメージがぐらぐらと崩れてきた。これはたまたまだったのか、それとも…。今まで飲んでたイタリアワインが軽かっただけだったりして(笑)。
[PR]
by th6969 | 2006-10-24 23:01 | 安モンワイン

10月24日(明日ですね)から「ナンバーポータビリティ制度」というのが開始されるらしい。ケータイ会社を変更しても電話番号は変更せずに済むというサービスのようだ。番号は変わらなくてもメールアドレスは変わってしまうし、事務手数料が3000円と結構割高だ。それらを考えると、そこまでしてキャリアを変更することもないやろ、というのが率直な感想だ。よほど魅力的なサービスでもない限り、キャリアを変更する人は少ないんじゃないかな。特にメールをよく使う人はいちいちアドレス変更の通知を出すのは面倒で、結局今のキャリアを使い続けるんじゃないかな。
[PR]
by th6969 | 2006-10-23 22:17 | 無題

2006年10月22日

ずっと行けてなかった天野山金剛寺へのお礼参りに行ってきた。境内の奥の山中にあり、1周すると四国八十八ヵ所を巡ることができるというものだ。それぞれのお寺のご本尊の石仏に、懐かしみを込めてお参りした。

行きは天野街道から下里運動公園の先で、丘の上に連なる天野の村を抜け、金剛寺まで歩いていった。こんな所にと思うほど立派な家が並んでいたのでビックリした。帰りは天野山展望台という所まで登り、山中を散策した後いつも車で通る道で帰った。山中にはウラジロが一杯あり、正月の鏡餅用にまた取りに来るのもいいなと思った。

帰りの天野街道は照りつける日差しに焼かれてメチャ暑かった。やはりこの日差しは異常だ。10月も下旬の太陽の光とは思えない、ギラギラとした日差したった。オゾン層が弱ってきたため、それまでカットされていたものが素通りしてきているように思える。そのうち日本でも常に長袖と帽子にサングラス、という姿で外出しなければならなくなるかもしれない。

道中にあった柿の木も、実は沢山付けているが元気がなく、そのうち枯れそうに見えた。特に柿の木はいたる所で弱っているように見える。山の木の元気のなさに共通する何かがありそうに思える。それが酸性雨なのか温暖化の影響か、はたまたそれ以外の何かかは分からないが、そのうちそういうものに弱い木から、どんどん枯れて行きそうな気がしてならない。

地下資源の問題にしてもそうだ。限りある資源といいながら、このまま石油を使い続けていたら、そう遠くない将来には必ず底をつくだろう。そのほかの資源にしても、使い続ければいつかは無くなるものだ。どこかの国で石油が出なくなったら、石油の価格は大高騰、全ての物が高くなり、普通の生活はできなくなるだろう。それでもまだ石油が手に入る内うちはいいが、いくらお金を出しても買えなくなったら、それは一体どういう事になるのか想像もできない。昔の自給自足の生活に戻るのか、それとも全滅するのか、そこで淘汰されて残った者だけが生き延びられるのか、それが人類の運命なら甘んじて受けなければ仕方のないことなのかもしれない。うちには子供はいないが、孫の世代には今よりも確実に住みにくく、また生きにくくなっている事は間違いない。自分の生きている今さえよければいいのか、将来の子供のために何かするのか、その選択をしなければならないタイムリミットはどんどん近づいている。

ほんま、考えたら考えるほど恐ろしくなってくるで。
[PR]
by th6969 | 2006-10-22 19:43 | ときど記

Cドライブの残りの容量が2.5GB程度と急に少なくなってきたため、いろいろ調べてみた。まず、前から気になっていた「$NtUninstall で始まるファイル」について検索してみた。すると予想通りWindowsアップデートのアンインストール情報であることが分かった。一度アップデートしたら元に戻すことはほとんど考えられないので、すべて外付けのHDDにバックアップして、Cドライブからは削除することにした。プログラムの追加と削除の一覧には残ってしまうが、それは便利なソフト「GU」で非表示にしてしまおう。非表示にするだけなので、いざという時には元に戻すこともできるよく考えられたソフトだ。

次にやったのが復元ポイントの削除だ。これは「$NtUninstall で始まるファイル」で検索していて見つけた「XP SP2導入と不要ファイルの削除」というページに従って行った。やり方は簡単だが、意外と盲点のような気がする。私の場合もこれを行うだけで約3GB程度の領域が開放された。

最後に「MSOCache」というフォルダの削除をした。これはMicrosoftのページで解説されている通りやると簡単に削除できた。これだけで約230MBの容量が確保できるので、MS Office のCDを持っていたら削除しても問題ないだろう。

これらをやったおかげでCドライブの使用量は全体の半分以下になり、しばらくは安心して使えそうだ。
[PR]
by th6969 | 2006-10-21 23:49 | パソコン

新型ムーヴ

倉庫のN中さんが「今度のムーヴはいいぞ」と言うので、チェックしてみた。レクサスなみの室内長や内装の質感の高さは素晴らしく、かなりの人がムーヴに流れるのは間違いない。燃料タンクの容量が36Lというのもいいね。確かにいいとは思うのだが、先代MRワゴンに似たフォルムや跳ね上げ式でないバックドアは好きになれそうもない。ワゴンRのモデルチェンジがいつ頃か分からないが、それまで車が持てばそれから決めても遅くはない。でも、スズキもかなり頑張らないと負けてしまうのは明白だ。スズキの頑張りに期待しつつ様子を見ることにしよう。

それからMT(マニュアルトランスミッション)は必ず残してね。
[PR]
by th6969 | 2006-10-21 10:40 |

山歩き用グッズについて

ヒロフミさん、こんにちは。山歩き用グッズについて少し書いてみます。

山歩きで一番重要なグッズは『靴』と思います。靴がよくないと足にも悪いですし、疲労の原因にもなり、また危険でもあります。最初は簡単な靴でもいいと思いますが、将来的にはしっかりとした登山靴の購入をお勧めします。私は高校生の時に購入したノルディカ製の皮の登山靴を、いまだに愛用しています。もう20年以上になりますが、ビブラム底の張替えだけで使い続けています。せっかく足に慣れた靴を、底が傷んだだけで捨ててしまうのは非常にもったいない話と思います。登山靴を選ぶ場合は、底の張替えができるかどうかも選択基準となるでしょう。

あと重要なグッズとしては『雨具』『ザック』『下着』あたりでしょうか。雨具は必ずゴアテックス製を、また下着は綿以外の科学繊維で速乾性の『ダクロン』タイプがお勧めです。綿の下着は濡れたまま冷えると体温を奪い非常に危険です。ザックは人それぞれ好みや体形が違いますので、必ず現物を担いで試してみることをお勧めします。ザックによって山歩きが楽しくもなり、苦しくもなります。いいザックは重くても重さを感じさせません。私はモンベルのザックを使っていますが、一般的な日本人の体形ならお勧めできるかもしれません。

今思いつくことはこれくらいですが、安全で楽に山歩きを楽しんでいただきたいものと思います。
[PR]
by th6969 | 2006-10-21 09:49

2006年10月20日

「ジジがいてない~!!」
kunちゃんの旅行土産のジジをリュックに付けていたのだが、会社に行ってリュックを置いたら「ジジがいてない!」 定期を入れているポケットのファスナーに付けていたので、もし定期を使う前に落としたのなら必ず分かるはずだ。ということは、萩天で降りてから会社までの間か。朝にクロちゃんがいたのでナデナデしていたが、同じクロネコなので友達にでもなったかな。かわいくて気に入っていただけにショックショック大ショック。
[PR]
by th6969 | 2006-10-20 20:22 | ときど記

2006年10月19日

会社で冷間圧造品の出荷記録をずっとつけているエクセルファイルが『このファイルはエクセルでは開けません』のようなエラー表示が出て、全く開けなくなってしまった。先日、エクセルで作業中に「ブチッ」とエクセルがいきなり強制終了してしたので、その時に開いていたファイルが壊れてしまったのだろう。結構大事なファイルで困ってしまったが、別のパソコンに9月分までがバックアップしてあったため、そのファイルを元に10月分を再度入力し作り直した。それほど件数が多くなかったため案外簡単に作り直すことができた。それにしても、いきなりファイルが壊れて開くことができなくなると、困ってしまうなぁ…。エクセルが強制終了など、通常通りの終了ができなかったときには、主なファイルの確認をしたほうが良さそうだ。今回それをしなかったため、バックアップしているUSBメモリに壊れたファイルを上書きしてしまったようだ。通常の日々行うバックアップと共に、1週間程度の間隔で別のPCやメディアにバックアップした方が良さそうだ。いざという時に備えてこまめにバックアップしよう。
[PR]
by th6969 | 2006-10-19 22:37 | ときど記