2007年04月30日

実家のパソコンが光接続になったので、その設定にいってきた。ところが何度やってもうまく行かず、とうとうeoのサポートに電話した。色々質疑応答していると、テレフォニーというサービスを無効にしていた為らしいというのがわかってきた。それで、そのサービスを自動にして起動し、同じように設定すると見事にインターネットに接続することができた。結局、自分が原因だったようだ(苦笑)。それにしても疲れたなぁ。
[PR]
by th6969 | 2007-04-30 23:30 | ときど記 | Comments(0)

高見トンネル-蓮ダム湖-江馬小屋谷林道-(ダート道)-終点広場(駐車)-ナンノ木平-1226m標高点(往復)

連休ということで、ちょっと足を伸ばして台高山脈・池木屋山支尾根の1226mピークを往復してきた。本当はピークから江股ノ頭と白倉山をそれぞれ往復する予定だったのだが、あまりの山の荒れ方に愕然として、とてもそのまま山歩きを続ける気になれず、引き返してしまったのだ。これは本当にヤバイと思う。山の頂や稜線から木々の緑が消え去るのも、遠い先のことではなくなったきたようだ。今後ますます土砂崩れや土石流の被害が大きくなるのは間違いない。何しろ稜線の木々がほとんど枯れてしまって、保水能力が全くなくなって砂漠のようになっており、表土がどんどん流出してしまっているのだ。枯れた根っ子をバリバリ踏みながら歩くなんて、こんな悲しいことはもうごめんだ。今回は満開のミツバツツジが素晴らしかったのだが、それもツツジが「きれいに咲くのはこれが最後だから…」と呼んでくれたような気がしてならない。
d0036883_23365390.jpg

[PR]
by th6969 | 2007-04-29 23:44 | 山歩き | Comments(0)

光熱費

2月に宙太郎さんから書き込みがあって、そのままチェックしていなかったアイデアを、今ソフトとして試作している。宙太郎さんの言われる通り、光熱費は期間の日数が一定でないため、単純に支払い金額だけを比較しても実際はどうだったのかが分かりにくい点がある。それを日割計算して比較してみようというのが狙いだ。大体のレイアウトは出来上がったが、水道料金は2か月分とかで、さらに考えないといけない。一月毎ならほぼ出来ているのだが…。

2か月分以外の水道料金を徴収している自治体は存在するのだろうか。ほぼ全てが2か月分の料金なら、2ヶ月で計算するようにすればいいが、その他も結構あるようなら、それも考えないといけないな。
[PR]
by th6969 | 2007-04-28 22:14 | TH69の自作ソフト | Comments(0)

2007年04月22日

フリージアが咲きました。昨日プクッと膨れていたので咲くかなと思ったのですが、今朝開いていました。香りが良くて長持ちするので、生け花にして部屋に飾ろうと思っています。
d0036883_2315876.jpg

d0036883_23151791.jpg


実家に行ったらガシがいてました。kunちゃんに抱っこされても諦めの境地か、ジタバタしませんでした。その後、外に見に行ったら、プラの物置の上にいたので「ガシ」と呼んだら2件隣の家のガレージに逃げていきました。すると、そこでコロンコロンを始め、お腹もペロペロしました。kunちゃんに「ガシがコロンコロンしてるで」と報告に行ってkunちゃんが見にきたら、ガシはすぐに逃げて行きました。残念。
[PR]
by th6969 | 2007-04-22 23:23 | ときど記 | Comments(0)

2007年04月21日

散髪に行ってきた。前回はいまいちのオッサンだったが、今回のニーチャンは腕が良かったようで、スッキリきれいに仕上がっていた。ゴールデンウィーク前に散髪というのが定番になってきた。

ワゴンRにタンデムを積んでみた。最小限の分解で見事に狭い車内に収まった。これには自分でもビックリ(笑)。
詳しくは「kunとTH69のタンデム日記」にて。
[PR]
by th6969 | 2007-04-21 18:37 | ときど記 | Comments(0)

2007年04月20日

会社のボウリング大会だった。予想通り全くダメだった。テクニックや技で勝負するスポーツはどうも苦手だ。マラソン大会なら少しは自信あるけどなぁ…。

帰りに門柱ねこちゃんがいた。前の家の植え込みに居たのだが、すぐに出てきてナデナデできた。しかも3回もコロンとなってお腹もナデナデした。完全に慣れたようやな。
[PR]
by th6969 | 2007-04-20 22:45 | ときど記 | Comments(0)

2007年04月19日

タンデムのフレームの芯というのは、一体どの程度出ているものなのだろうか。2本のパイプを4箇所で締め付けているだけなので、前三角と後三角の芯が出ていなくても分からないし、芯を出すように組み立てる術もない。それをどうにか簡易的にでも分かるようにできないものかと考えている。

この事について色々考えてみたら、あることに気がついた。それは分割する上パイプと後三角の継ぎ目で、ここだけパイプを差し込まず、移動するパイプ状のバンドで分割パイプと後三角の上パイプを固定するようになっているのだ。分割の下パイプは前三角と後三角それぞれのパイプに挿入されているため、この部分の芯はほぼ出ているものと考えられる。問題は分割の上パイプで、こちらも両側に挿入してしまうと芯が出ているのかどうか全く分からなくなる。しかし、このパイプは後ろ側は挿入しないため、分割の上パイプと後三角の上パイプのズレを見れば芯が出ているのか分かるのではないか、という結論に達した。下の画像のように、この部分でパイプのズレを確認して組み立てれば、ほぼ芯は出ていると考えてもいいのだろう。うまく考えたものだな。
d0036883_9273697.jpg

この部分の工夫のおかげで、何も考えずに組み立てても、ほぼ芯は出るのだろうが、次のようにやるとさらに確実なのではないかと思われる。

分割上パイプを前三角に奥まで挿入して本締め
    ↓
分割下パイプを後三角に奥まで挿入して本締め
    ↓
分割下パイプを前三角に挿入して仮止め
    ↓
チェーンの張りを調整しながら上パイプの芯を出す
    ↓
下パイプをきつめに仮止め
    ↓
上パイプのバンドがスムーズに後三角のパイプに入るように微調整しながら挿入
    ↓
バンドをきつめに仮止め
    ↓
各部を増し締めして完成

このような感じでやれば確実と思うのだが、いかがなものだろうか。
[PR]
by th6969 | 2007-04-19 23:11 | ときど記 | Comments(0)

2007年04月14日

タンデムの改造用に、今度はミニヤスリセットをダイソーで買ってきた。アウタートンネルに割りを入れたあとを整えるためだ。そのままでは錆びるので、ペン式のペイントも用意した。ワイヤーをよく観察すると、前後のブレーキワイヤーはブレーキレバーの所で外すことができることが分かった。(というか思い出した(笑))これでブレーキワイヤーはOKなので、前後のディレーラーのワイヤーを外せるようにすれば、ハンドルを完全にフレームから分離できそうだ。
[PR]
by th6969 | 2007-04-14 23:11 | ときど記 | Comments(0)

2007年04月13日

今日はコーナンで米式バルブ用のプレッシャーゲージを買ってきた。タンデムのチューブが米式バルブのため、車に積んでいたのと工具箱に入れていたのを比べてみた所、かなり測定圧が違うためもう一つ買って確かめようと思ったのだ。確かめて一つは車に、一つはタンデム用に、そしてダメな方は廃却だ。

門柱ネコちゃんの家のガレージに、あまり見かけないネコちゃんがいたのでよく観察してたら、そのねこちゃんも首輪をつけてた。このねこちゃんも飼いねこなんやなぁと思いながら見てたら、後で「ニャーン」という声がした。驚いて振り返ると、門柱ねこちゃんが挨拶に来てた(笑)。しばらくナデナデして子犬ちゃんの家に近づいたとき、子犬ちゃんの家のねこちゃんらしきねこが、トットッと前の家に入っていった。「残念、ちょっと遅かったな」と諦めて歩いてたら、ちょうど子犬ちゃんの家の前でねこちゃんが前の家から戻ってきた。「おぉ、久し振りやなぁ」といいながらナデナデした。サバトラ柄なのに毛がガシガシでなく、手触り最高でめちゃ気持ちいい。でも、車に驚いて家に入ってしまった。今日はねこ豊富で満足した。
[PR]
by th6969 | 2007-04-13 20:33 | ときど記 | Comments(0)

2007年04月12日

新しいものを手に入れると、いろいろ考えて何かやりたくなったり、新しい何かが欲しくなったり、何かが必要になったりするな。何かやる方では、ハンドル幅を狭くすることと、ハンドルを抜いた時にワイヤーをフレームから外すことができるようにできないかと考えている。それで、ハンドルバーの両端を落とすためにダイソーでパイプカッターを買ってきた。100円ではなかったが、それでも安い400円だった。それと切断部の面取りをするためにヤスリも買ってきた。ワイヤーの方は、アウタートンネルに金鋸で割りを入れてみようかと思っている。割りを入れたら、そこからインナーワイヤーが外せるので、ハンドル部分を完全にフレームから分離することができるようになる、と思うのだがどうだろうか。とりあえず日曜日にでもやってみよう。
[PR]
by th6969 | 2007-04-12 23:56 | ときど記 | Comments(0)