<   2010年 06月 ( 41 )   > この月の画像一覧

2010年06月30日

今日は半夏生。毎年の事ではあるが、萩天の境内に茅の輪が置かれていたので3回くぐってお参り。もうこんな季節なんやな。

帰りにモモちゃんがお向かいの玄関の横に寝そべっていて、私が近づくと一応「ニャ~ン」と鳴いたがボーっとしていて動きはなかった。多分、寝ぼけだろう。
[PR]
by th6969 | 2010-06-30 23:48 | ときど記 | Comments(0)

2010年06月28日

今日はメチャクチャ蒸し暑かった。晴れたのでジテツウでもと考えたが、止めといてよかったかも。

帰りにレーサーシューズ補修用のボンドG17をコーナンで買ってきた。またいつ剥がれるか分からんからな。

モモちゃんがお向かいの家のガレージにいて、「ニャ~~~~~~~~ン、ニャ~~~~~~~~~ン」と鳴きながらやって来た。ナデナデしてたら道路の真ん中まで歩いていってコロ~ン、車が来てるのにお構いなしだ(笑)。シャーナイから両脇を抱えて道の端へ移動した。ちょうどかが生え変わるシーズンなのか、ナデナデしてたら汗で濡れた腕がモモちゃんの毛だらけになってしまった。いろんな色の毛があるから面白い。

ニューペダルのタイム・アイクリックだが、今日何気なくダイナソアの紹介ページを見てたら「センサー」という文字が目に入った。「センサーって何や?」ということで調べてみたら、今まで気付かなかったがバネの強さを変えることによってフローティング感覚の調整ができるという機能だった。そんな調整をするような箇所があったかなとじっくり見てみるが分からない。結局後ろの赤いプレートの横にある穴の奥ににマイナスドライバーがはまりそうなシャフトの頭が見つかり、そこにマイナスドライバーを突っ込んで調整するようだった。六角穴だったらいつも工具を持っているからいいが、細目のマイナスドライバーとなるとわざわざもって行くのは面倒やな。とりあえずクリートの角度が決まったらバネの強さの調整もしてみよう。
[PR]
by th6969 | 2010-06-28 23:30 | ときど記 | Comments(0)

2010年06月27日

ニューペダル「Time iClic Titan Carbon」のクリート調整がほぼ完了してシューズを脱いだら、「ありゃ~、かかとが剥がれてきた(汗)」。前は(と言ってもどれくらい前かは定かではないが)左のシューズのかかとが剥がれてボンドでくっ付けたのだが、今回は右のかかとが剥がれてきていた。多分どこかにあったはずだとボンドを探し、見つかったG17はちょっと固くなりつつあったが踵とソールの間に流し込み貼り付けた。うまくくっ付いたらいいが…。いよいよニューシューズも考えた方がよさそうだ。

その後で先日買ってきたナスとオクラの苗を植え付けた。ナスは南の畑のサラダ菜の後に、オクラはプランターに2本植え付けた。それから自然に芽が出たミニトマトの苗をプランターに植えつけた。
[PR]
by th6969 | 2010-06-27 23:56 | ときど記 | Comments(0)

今日は雨かと思ったら一応晴れてきたので、早速Wiggleで購入したニューパーツを取り付けることにした。

まずペダルを「Time iClic Titan Carbon Road pedals」に交換。これまで使っていた安モンタイムを外したら、その重さに愕然とした。iClic Titan Carbonはペアで実測181g、安モンタイムは何と522g、クリート込みだとiClic Titan Carbonは262g、安モンタイムは716gだった。何という重さ、というか軽さ(嬉)。Time iClic Titan Carbon ペダルはクリート込みで安モンタイム片方の重量しかなかった。回転部分だけに軽量化の効果もありそうだ。

タイヤは今までの黒X赤から、オールブラックの「まっくろくろすけ」に。フレームがブルー系だから、それがかえって精悍でいい感じになった。ライトはやはりブラケットの部分がワイヤーに干渉したが、ブラケットの中を通す事によって解決した。若干ワイヤーに負担はかかるが、まあ問題ない範囲だろう。

そして最後にクリートの取り付け。古いシューズだがソール形状及び取り付けねじの位置ともに問題なかった。ただタイムの日本語の取説が分かりにくく、Qファクターの幅をクリートの左右を入れ替えて変更するのがよく分からなかった。一応取り付けて試走しに行く時、クリートの前を引っ掛けて踏み込んだだけで「パチン」と小気味いい音がして固定された。今まで無理やり押し込んでたので、ほんまに固定されたんかなと不安に感じるほどあっけなかった。クリートの前をきっちりはめ込んだら能書き通りほとんど力をかけなくても固定されるようだ。後はクリートの微調整だが、面倒くさいが気長にやることにしよう。

Time iClic Titan Carbonのペダルは100mほど試走しただけだが、初代タイムペダルをずっと使い続けてきた私にはかなりの違和感があった。初代はセンタリング機構というかシューズを元の位置に戻すという感覚がなく、フローティングして動いた状態のままペダリング出来てしまうという感じだった。それがこのTime iClic ペダルでは、横に動いたら自然に戻る、また横に動いたらまた自然に戻る、というような仕組みのペダルのようだった。それが私に違和感として感じられたのだが、決して悪いものではなく自然にいい位置に戻してペダリング効率を上げてくれる、そんなペダルに感じられた。だからクリートの角度調整はこれまでよりもかなりシビアで時間が掛かるが、一度決まってしまえばストレスのないペダリングが実現できそうだ。
d0036883_13344728.jpg
ニューパーツ取り付け前

d0036883_13345316.jpg
ニューパーツ取り付け後

d0036883_13351976.jpg
Time iClic Titan Carbon Road pedals

d0036883_13353033.jpg
コンチネンタル Grand Prix 4000S

d0036883_13353874.jpg
ニューLEDライト

d0036883_1336050.jpg
ブレーキワイヤーをブラケットの中に通しました

d0036883_13361763.jpg
愛用のボロシューズにクリート取り付け

d0036883_13363041.jpg
Time iClic Titan Carbon ペダル

d0036883_13363691.jpg
安モンタイムペダル

d0036883_13364319.jpg
Time iClic Titan Carbon ペダル+クリート

d0036883_13364812.jpg
安モンタイムペダル+クリート

[PR]
by th6969 | 2010-06-27 13:44 | 自転車 | Comments(0)

今回購入したのは以下の3点。工具とかチューブとかも買っといたらよかったな。

○Time iClic Titan Carbon Road pedals
○LifeLine(ライフライン) - 5 LED Front Light
○Continental(コンチネンタル) - Grand Prix 4000S Road Tyres 700x23

d0036883_9322710.jpg
Time iClic Titan Carbon 「メチャ軽っ!」 ペアで179gらしい(驚)

d0036883_9323356.jpg
カーボンプレートのバネが使われています

d0036883_9323879.jpg
クランクへの脱着は6mmアーレンキーのみのようです

d0036883_9324766.jpg
LEDヘッドライト。なかなか良さそうです。

d0036883_9325341.jpg
ブラケットがごついので、ブレーキワイヤーとの干渉があるかも

d0036883_9331036.jpg
コンチネンタル Grand Prix 4000S タイヤ。使ってみるのが楽しみだ。

d0036883_9331643.jpg
空気圧は7.5~8.5barとなっています。

[PR]
by th6969 | 2010-06-27 09:51 | 海外通販 | Comments(0)

今日は仕事だったので家に帰ったら、kunちゃんが「届いたで~」と言うので何かなと思ったら、何とWiggleから荷物が届いていた。あまりの早さにビックリ、6日弱でイギリスから到着した事になる。国内通販でも結構日数が掛かる時があるから、日本語表示による敷居の低さとこの商品到着の早さを考えると、今後も海外通販は大いにアリかなという感じやな。

それでどれくらいかかるのか全く分からなかった税金関係だが、結局1200円のみで済んだ。関税は非課税、どういう計算か分からんが消費税は地方消費税合わせて1000円、通関手数料が200円の合計1200円だった。
d0036883_9386.jpg
よく見かけるWiggleの箱が到着しました

d0036883_934194.jpg
住所はきっちり日本語で記入されていました。やはり日本語入力がいいようです。

d0036883_931513.jpg
梱包はクッション材の下に商品が適当に並んでいました。

d0036883_94779.jpg
「国際郵便物課税通知書」という物々しい名前の書類が付いてきました。

d0036883_941396.jpg
関税は非課税、消費税は地方消費税を合わせて1000円でした。

d0036883_942253.jpg
これが税金の領収書です

d0036883_943437.jpg
こちらは通関手数料200円の領収書です

d0036883_944088.jpg
Wiggleの領収書にはネットでの発注時と同じ£262.86ポンドと記入されていました

[PR]
by th6969 | 2010-06-26 22:34 | 海外通販 | Comments(0)

2010年06月25日

最近門柱ミーちゃんを全く見かけないので心配だ。最後にナデナデした時にちょっとヨボヨボしてたように感じたので、何となくそれが気がかりでならない。ついに死んじゃったかなぁ。

サッカー日本代表がデンマークに勝って1次リーグを突破した。私もかなり批判的だったが、今回の快挙には素直に喜びたいし、応援しがいのあるチームになってきたように感じる。ワタシ的には今回のオランダ戦は今まで見た中でも最高の試合で、守備が安定しているとこんなに安心して見ていられるものかと感心した。オランダに負けはしたが本当にいい試合だった。この調子でパラグアイにも勝って目標のベスト4まで行ってほしいものだ。
[PR]
by th6969 | 2010-06-25 23:50 | ときど記 | Comments(0)

会社-鍋谷峠-自宅

時間:約2時間
距離:約52km
鍋谷峠ヒルクライム:25分37秒
d0036883_19542710.gif
(CS400データ・鍋谷峠ヒルクライム)


今日も貴重な梅雨の晴れ間ということで、ジテツウで帰りに鍋谷を走ってきた。会社を出発する前にポラールのボタンを押すが、なかなか心拍を拾わずスタートできなかった。それで結局諦めて心拍エラーのままスタートし、途中で走りながらスタートとストップを繰り返してみることにした。今回はどうせ汗で濡れるやろうとベルトの電極部分を濡らさなかった為かもしれない。サドルはやや高く感じるが、踏めるのでそのまま行く。ポジション的には2mm程度下げるのがベストかな。道も慣れて路面状況や勾配などが分かってきて、かなり走りやすくなってきた。横山小学校の手前まではそこそこ交通量は多いが、それほど危険とか走りにくいとかいう印象はない。しばらくこの道で鍋谷峠に通ってみることにしよう。

今回もケイデンスというよりは踏み込み重視でギヤを掛け、たまにダンシングも交えながら走っていった。リュックを背負いながらのダンシングにも慣れて、そこそこ楽に登っていけた。父鬼の先の地蔵の急坂も重めのギヤのままシッティングでクリアし、鍋谷橋に到着した。足は若干重かったがギヤは掛けられそうだったので、ギヤは50X21で固定しダンシングでペースアップ目標ケイデンス70を20回転、シッティングで流し60回転のインターバルにした。でも60回転を数えるのが面倒臭くなり、3回目以降はダンシング20回転と流し合計で60秒の繰り返しに変更した。

このインターバルはきつかった。流しが約40秒ではほとんど心拍が回復しないので、そこから加速するのが結構つらかった。精神的な面と耐乳酸トレーニングとしてはよかったかもしれないが…(汗)。途中で下ってくるローディーと対向した時、「コンチハ」じゃない何だったかな「お疲れ様です」のような挨拶をされたのが印象深かった。この時間に鍋谷を走っている人は他にもいるようだ。それでやる気がちょっと復活し、途中で切れることなく鍋谷峠までインターバルで登り切ったら、何かやり遂げた気分がしてとても爽やかだった。爽やかというと、今日の鍋谷は気温も低くとても爽やかで、梅雨の中休みにしては道もほとんど濡れておらず走りやすかった。

ジテツウのおかげで土日が雨でも練習できるようになって、走れないストレスもなしでいい感じだ。次の土日も分からんな。
[PR]
by th6969 | 2010-06-24 20:19 | 自転車通勤 | Comments(0)

Continental Grand Prix 4000S

「Continental Grand Prix 4000S」って、検索で調べてみたら結構いいタイヤだったようだ。パーツに興味がないのでタイヤも安けりゃいい派だったが、唯一路面と接しているだけに最もお金を掛けるべきパーツなのかもしれない。もちろん真剣にレースやってた時はそれなりのタイヤを使っていたが…。

「Continental Grand Prix 4000S」は丈夫で長持ち、走りも軽くグリップもいいらしい。走りがどんな風に変わるのか、それがメチャ楽しみになってきた。
[PR]
by th6969 | 2010-06-22 20:26 | 自転車 | Comments(0)

Wiggleから
『ただ今、お客様のWiggleでのご注文○○○○の受理を行いました』
という件名のメールが来た。どうやら発送準備が整って近々発送されるような感じだ。早く来ないかなぁ。

メールの内容(抜粋)は以下の通り

『こんにちは ○○○○様

次のアイテムは梱包が済み、発送の準備が整っております。

1 x Time I-Clic Titan Carbon Road pedals カーボン
1 x LifeLine(ライフライン) - 5 LED Front Light
2 x Continental(コンチネンタル) - Grand Prix 4000S Road Tyres ブラック 700x23

お客様のご注文の処理状況は https://www.wiggle.co.uk/?OrderID=○○○○
にて追跡いただけます

(週末を除く平日で)1日以内にWiggleから集荷され、通常7日以内に配送されます。しかし、税関における審査に関しましては当社では把握しかねますので、確実な配送日はお伝えできません、ご了承ください。

これらのアイテムはすでに処理が行なわれておりますので、キャンセルや変更を行なうことはできません、ご了承ください。

アイテムが発送された後に変更のご希望もしくはアイテム自体を必要としない場合、アイテムの到着を待っていただき、到着後に、当社ウェブサイトの返品手続きのセクションをご覧いただき、手続きを行ってください。
必須事項を全てご記入いただき、当社に商品の返送を行ってください。

Wiggleカスタマーサービスチーム

ご不明な点などございましたら、このメッセージにご返信いただきまして、Wiggleカスタマーサービスまでご連絡くださいませ。』
[PR]
by th6969 | 2010-06-22 20:02 | 海外通販 | Comments(0)