<   2011年 01月 ( 35 )   > この月の画像一覧

d0036883_2358732.jpg

d0036883_2358621.jpg

タロちゃんはやや復活したが、まだまだ安心はできない状況だ。いつもの元気さは全くなくて足元もおぼつかない。食べられるようになってきたから大丈夫だとは思うのだが…。
[PR]
by th6969 | 2011-01-30 23:55

鍋谷峠往復コース

自宅-鍋谷峠-自宅

時間:1時間47分00秒
距離:46.2km
鍋谷峠ヒルクライム:22分35秒
d0036883_1539775.gif
(ポラールCS400データ・鍋谷峠ヒルクライム)

d0036883_15391510.gif
(鍋谷峠ヒルクライムのポララップデータ:追い風もあったがベスト4位!)

今朝は極寒と言う天気予報のため、朝はゆっくりと寝て8時過ぎに起床。さすがにかなり寒く風もきついのでロード練習は無理という事で、前から気になっていた「ファインライド」のトレーニング系の動画を一気にDLして観賞する事にした。無料でこういう動画が見られるのだから、いい時代になったものだ。動画は役に立ったり参考になるものもあり、中でも今西選手(というか監督か)の「今西尚志のペダリングテクニック」というのが何となく納得できるような内容だった。その動画の中でも特に「1時から3時までの間のみ踏み込む(後は惰性で回す)」という所がよくイメージでき、すぐに実践できそうに感じた。多分自分も昔の走れていた時にはそういうペダリングをしていたのだろうが、長いブランクで全く忘れてしまっていたのでいい刺激になった。それから「引き足を意識しない」というのはまさにその通りで、引き足というのは「ペダルを引き上げるのではなく重りにならないように脚を持ち上げる」というのが正解だろう。だから「引き足中心で走る」とか言う人の話は信用ならないので注意した方がいい。他にも阿部選手や橋川選手など懐かしい顔も見れて結構楽しめた(嬉)。

そんな事やってたら昼になって何か急激に天気がよくなってきた。外に出てみても寒くはあったが日差しもあり、走れない事はなさそうだった。そして昼食後の一時前に鍋谷峠に向けて出発した。出発前に恒例のサドル位置の変更(笑)で、前に2mm上に2mmにしてみた。走り始めて「あれ?踏みやすい」と感じたのはサドル位置変更のためかな。天野街道はまだよかったが、天野山周回路に入るとメチャクチャな突風のような横風、旧170号に入るとこちらは向かい風に悩まされた。国華園の手前では民家が途切れた先で、バーの上を持ってボーっと走ってたら横からの突風に煽られてメッチャヤバかった。風の強い時は気を抜かないように気をつけよう(苦笑)。

今日もアウターのまま鍋谷橋に到着し、鍋谷峠ヒルクライムを開始した。今回もギヤは50X21をメインにシッティングできつい箇所のみ23Tに落としてダンシング、目標心拍は165以下、目標ケイデンスは52とした。そして今日のテーマは「1時から3時」というのと「軸をずらす」を頭に置いたペダリングだ。スタートしてダンシングで加速した後、いつも通り最後の製材所過ぎから21Tに固定してシッティングで登っていった。ケイデンスがいつもより高いのは追い風のせいかもしれんが、踏めるようになってきたのも確かなようだ。沖縄旅行へ行こうのコーナーで23Tに落としてダンシングしてたら心拍がいつの間にか170超えに。それほど辛くはなかったのでそのまま行く事にして、緩くなった所で21Tに戻して再びシッティング。徐々に勾配がきつくなってくるが、ケイデンスの落ち込みはいつもよりも少なく結構いいタイムが出そうな気配に。きついS字コーナーからの急勾配区間は23Tに落としてダンシング、また緩くなったら21Tに戻してシッティングで踏み込んで走る。なかなかのペースだったが道が広くなる辺りでふくらはぎが攣りそうになり、シッティングだと攣るのでそこからはほぼオールダンシングで鍋谷峠にゴール。タイムは驚きの22分35秒でベスト4位の好タイムだった。何かエエ感じでまだまだタイムアップができそうなのが嬉しい。峠周辺も雪・凍結とも全く問題無しで、最近では一番走りやすかった。峠頂上の気温表示はマイナス4度だったが、体感的には低くても0度という感じだった。

案外寒くなかったな~と思いながら下っていき、のどが乾いたのでボトルの水を飲もうとしたが飲めない。何でかなと思ったら「凍ってる~(驚)」ボトルの飲み口が凍って水が出てこなかったのだった。と言うことはマイナス4度の表示も満更嘘ではなかったようだ。帰りは追い風でメチャ楽だったが、天野山周回路はやはりすごい横風だった。今日はいいタイムも出たし、寒さで諦めずに走りに行ってよかったな。
[PR]
by th6969 | 2011-01-30 15:39 | ロード練習

タロちゃんビミョー

タロちゃんは外へトイレに行く事はできるようになったが、まだ何も食べられないそうだ。ずっと椅子の上でじっとしてたのが、床に下りてホットカーペットの上にグレちゃんと一緒にいたようなので、一時期よりはマシにはなっているようだ。このまま頑張って回復してほしいものだが…。
[PR]
by th6969 | 2011-01-28 23:45

タロちゃん変化なし

タロちゃんの様子はどうかなと思って実家に電話したら、そのまま変化なしと言う事だった。グレちゃんも心配して時々顔をペロペロ舐めに行ってあげているようだ。タロちゃんは何にでも興味津々やから、やっぱり何か変なもの食ったか、それとも食わされたかな。
[PR]
by th6969 | 2011-01-27 23:32

実家へ行ったら母が「タロちゃん元気ないねん。アカンかもしれんわ」と言うので驚いた。朝になっても帰ってこず、昼頃になってやっと帰ってきたら台所の窓の段差さえ上ることができないほど弱っていたそうだ。それから水も飲まず餌も食べずにじっとしているらしく、見ていると確かに息遣いもとても荒く調子は悪そうだった。原因はよく分からんが、ケガもしてるから何かにやられたんかもしれんな。それとも何か変なものでも食ったか。ケダモンやから自分で治すしかないので、とにかく早く良くなってくれることを祈るだけだ。
[PR]
by th6969 | 2011-01-26 23:04

2011年01月25日

サッカーのアジアカップは前の試合と同じようにコタツで寝ながら聞いていたが、後半に入ってからムクッと起きて観戦し始めた。聞いてただけなのでよく分からないが、前半は日本の動きがよくてほとんどボールを支配していたようだった。決定的なチャンスが何度もあったのに、そこで決められなかったのが痛かった。後半に入ると韓国も守備及び攻撃を修正してきて、ボールを支配されたうえにサイド攻撃もほとんど封じられてしまった。また昔のパターンで敗北かなと思いながら延長戦に突入したが、やはり日本の動きの悪さは相変わらずだった。勝ったことは勝ったが課題の残る一戦だった。まあ、勝ったからいいかな。ここまで来たら優勝やで。
[PR]
by th6969 | 2011-01-25 23:48 | ときど記

d0036883_22524981.jpg

d0036883_22523871.jpg

d0036883_22524048.jpg

d0036883_22524249.jpg

d0036883_22524450.jpg

d0036883_22524538.jpg

d0036883_22524792.jpg

[PR]
by th6969 | 2011-01-23 22:54

先に紹介した楽天のワインショップ「幸せワイン~世界中から直輸入~」さんの12本セットにも入ってるオルカビアナの6本セット「スペインオルカビアナのコストパフォーマンス最高ワイン6本セット」ですが、これが案外いけるのでメチャお勧めです。6本3,980円でポイント10倍なら実質1本当たり何と驚きの「598円!」になりますね。多分今もポイント10倍なので「買い」ですね。
家では評価の低いテンプラニーリョ(Tempranillo)も今まで飲んだ中で1番と言えるほど美味しかったので、他のワインも楽しみです。カベルネ・ソーヴィニオンも飲みましたが「久々に濃いな~」と嬉しくなるパワフルなワインでした。スペインのカベルネって…メチャ美味しい(嬉)。


[PR]
by th6969 | 2011-01-22 19:58 | 安モンワイン

金剛山脈ジグザグヒルクライムコース

自宅-天野山-鍋谷峠-広域農道-紀見峠-グリーンロード-金剛トンネル-観心寺-狭山-自宅
時間:3時間59分20秒
距離:93.5km
鍋谷峠ヒルクライム:23分27秒
d0036883_150142.gif
(ポラールCS400データ・コース全体)

d0036883_1501671.gif
(ポラールCS400データ・鍋谷峠ヒルクライム)

今日は天気が良さそうだったので、9時過ぎにとりあえず鍋谷峠に向かって出発した。なぜ「とりあえず」なのかと言うと、鍋谷ストさんのブログで雪&路面凍結で朝の鍋通を断念したという事だったので、とりあえず行ける所まで行ってみようと思ったからだ。他のブログなどでも鍋谷の状況は全く分からず、怖いもの見たさもあって(笑)自分で行ってみた。

セッティング関係では昨日の夜にペダルのクリート位置をさらに3mm程度後ろに下げ、ハンドルの角度を若干下向きに調整した。そして出発前にサドルを3mm程度下げた。クリートは違和感なかったが、ハンドル角度とサドルの高さは違和感たっぷりで、結局父鬼手前の橋の上で日向ぼっこしながら修正した。ハンドルは少し角度を上向きにし、サドルの高さは変更前に戻した。それでダンシングと踏み込みが違和感無しでできるようになり、その後は帰宅するまで変更無しで走り切れた。

【クリート位置変更の変遷】
d0036883_17224485.jpg
セッティング角度は限界まで前開き(逆ハの字)にしてます

d0036883_17224222.jpg
ねじの頭の固定跡でどれ位動かしたのかよく分かります

d0036883_17224384.jpg
結局5.5mmも後ろに下げてました(そのわりに違和感ないのは…)


そして鍋谷橋から鍋谷峠ヒルクライムを開始した。今回も前回同様で50X21でシッティングをメインにきつい所だけ23Tに落としてダンシングという踏み込み重視の内容にした。目標ケイデンスは52、目標心拍は特に設定しなかったが165は超えないようにした。スタートからダンシングで加速し最後の製材所を過ぎた辺りで21Tに落とし、宮澤崇史さんの言う「体の軸をずらす」ペダリングを意識しながら踏み込んでみた。重いギヤのわりに楽に踏めるように感じたのはその成果かもしれんな。沖縄旅行へ行こうのコーナーは23Tでダンシングでクリアし、森の中へと入っていった。雪は路肩に残っている程度で走行路面はほとんど問題なかった。きついS字登りコーナーから先は若干路面の雪が増えたが、それでも普通に走るだけなら問題無しだった。そして前に路面凍結で落車&撤退した所に差し掛かり「どうかな?」と思ったら、雪はあったが凍結は全く無しで拍子抜けしてしまった。そしてそのまま普通に走って鍋谷峠にゴール、タイムは先日よりも少しいい23分27秒だった。さほど頑張らずにこのタイムだから、さらに踏めるようになったらどれ位のタイムが出るのかちょっと楽しみだ。

そしてそのまま裏鍋を下り始めるが、ここはブラインドの先の凍結などが怖いのでコーナーも突っ込むことなく慎重に下って行った。でも結局こちらも路面凍結はなくて問題なく走ることができた。まあ通った時間が10時前後やから、もっと朝早かったら多分解けた雪の水が凍ってツルンツルンやろな。新道は寒いので旧道に避難して下りめのこ峠を越えて広域農道に入った。この道は土曜に走ると何の工事か知らんがダンプがやたらに多く、しかもメチャクチャ飛ばして走るので危ない上に鬱陶しい。ネズミ捕りで捕まえたれと思うが、ダンプ相手にそんな事はケーサツはやらんのやろな。R371に出たら予定通り左折して紀見峠に向かった。

そして紀見トンネル手前で右折して旧道へ入り紀見峠ヒルクライムを開始した。少し脚も疲れてきたのでのんびりペースで走り、紀見峠にゴールしそのまま下り始めた。すると前に一人のローディが見えてきたので少し距離をあけて付いていく事にした。紀見峠は久し振りやし路面状況など分からんから、まあ水先案内人ということやな。紀見峠の下りも凍結はなかったが、最後の右コーナーは日陰の上に水が流れてるので朝は怖いかもしれんな。そしてR371に戻りそのローディに付いて下っていった。後ろから車の来ないいい所に入れたので安心して走ることができて助かった。昔は何とも思わなかったが、最近は車の少ない所ばかり走ってるのでこの道は結構怖くて嫌いだ。しばらく走ってグリーンロードへ右折しそのローディともお別れ(よく分からんがシルベストだったかな)と思ったら、後ろに付いてきてあっさり追い抜かれてしまった。グリーンロードを自転車で走るのは初めてなので無理は禁物と思い、追い掛けることなく楽なダンシングで登っていった。でもいつもよりも楽じゃない、何でかなと考えたらハンドルの角度を少し下向きにしたためブラケットの位置が下がったためかな。やはり楽なダンシングは高めのブラケット位置の方がいいようだ。

トンネルを越えた先で右折し抜け道を通ってR310に突き当たったら右折し金剛トンネルへ向かった。当初の予定では金剛トンネルを越えて五条へ下り山腹の道を通って水越峠越えと考えていたが、寒さと疲労を考えるとちょっと(と言うか相当(苦笑))無理そうなのでトンネルで引き返す事にした。R310も小深を過ぎて石見川までは雪もなかったが、その先の10%の看板辺りからは路肩や周辺に雪が現れ、登るにつれて雪深くなっていった。雪深いとは言ってもここも走行路面は問題なく走れ、危険な箇所もなかった。疲れてるのでチンタラペースで金剛トンネルにゴール、トンネルを一旦抜けてから引き返した。トンネルの中を走ってる時、上を向いてツララはないかと探していたら「あった~! メチャ小さいけど…」天井の漏水がツララになってぶら下がっていた。何でこんな事をしたかと言うと、昔(多分相当昔)に自転車でこのトンネルを抜けた時にメチャクチャでかくて長いツララがあって、「こんなの落ちて来たら死ぬな(汗)」と思いながら走った記憶があるからだ。今となっては夢のような遠い過去の記憶だが、その事だけは鮮明に覚えているのはかなり驚いたからやろな。

下りもなるべく踏み込み重視で走り、ここでも「軸をずらす」事を意識するようにしてみた。疲れはあったが思いの他よく踏む事ができ、河内長野まで一気に下り切れた。その後の高野街道もいつもより楽でペースダウンすることなく帰宅できた。予定のコースは走れなかったが(走らなくてよかったかも)なかなかいい練習ができた。
[PR]
by th6969 | 2011-01-22 16:25 | ロード練習

2011年01月21日

最近ほとんど夕食後はコタツで熟睡状態なのだが、今夜はサッカーのアジアカップだったので寝ながら耳だけで聞いていた。後半になって吉田が2枚目のイエローで退場し、そのフリーキックが直接ゴールした所でムクッと起き上がってテレビを見始めた。今までの日本代表なら10人になったところでギブアップだったと思うが、今回は違った。驚いたことに同点に追い付いて、さらに勝ち越し点を入れてそのまま勝利してしまった。これはほんまにビックリ、特に長谷部と香川の動きが良かったな。次の試合も見ることにしよう。
[PR]
by th6969 | 2011-01-21 23:57 | ときど記