<   2012年 08月 ( 28 )   > この月の画像一覧

タイヤの切り粉チェック

先週やったと思うが、会社を出てしばらく走った所にある切削屋の前を通った時、いつもやるのだが前後のタイヤにそれぞれ手を当てて切り粉が刺さってないかチェックした。するとガラス片などならすぐ取れるのに、いつまでやっても取れない引っ掛かりがあった。それで早速停止して目視でタイヤチェックしてみたら「やっぱり刺さってた~」やった。

うちの会社も切削ナット製造なのでそもそも会社で刺さってたのかもしれんが、切削屋の前を通った時や何か変な音がするときにはタイヤに手を当ててチェックした方がエエよ。でも大きい切り粉が刺さってたら手のほうを怪我する恐れがあるので、最初はそ~っとやった方がエエやろな。

それから「切り粉」って分かるよな。金属を削ったときに出る切削屑のことで、見た目よりも結構鋭いからいやらしい。
[PR]
by th6969 | 2012-08-31 20:27 | 自転車

会社帰りに鍋谷峠コース

会社-鍋谷峠-天野山-自宅

距離:52.2km
時間:2時間10分35秒
鍋谷峠ヒルクライム:24分37秒

朝は亀の甲の先でホリーさんと遭遇。バイク通勤もあるんやね。

鍋谷峠ヒルクライムはインナーの39X21~19程度で上ハンシッティング50回転、ダンシング50回転の繰り返し。頑張ってないわりにはフツーのタイムやったな。
[PR]
by th6969 | 2012-08-30 23:38 | 自転車通勤

会社帰りに鍋谷峠コース

会社-鍋谷峠-天野山-自宅

距離:52.0km
時間:2時間09分15秒
鍋谷峠ヒルクライム:24分08秒

乗鞍ヒルクライムレース&乗鞍ご来光登山の疲れはほとんどなかったので、今日もジテツウで鍋谷峠に行ってきた。登りは蒸し暑くて汗ダラダラやったが、下りは秋の気配が感じられた。来年の乗鞍に向けてニュー練習メニューを考えなアカンな。
[PR]
by th6969 | 2012-08-28 23:37 | 自転車通勤

120827 乗鞍ご来光登山

乗鞍高原3:40発-(バス)-県境臨時バス停-肩の小屋-乗鞍岳-肩の小屋-肩の小屋口バス停-(バス)-乗鞍高原

d0036883_2231528.jpg
新型車両のご来光バス

d0036883_22311111.jpg
夜明け前の雲海に浮かんでるのは八ヶ岳かな

d0036883_22311580.jpg
多分八ヶ岳と思います

d0036883_22312279.jpg
太陽が昇ってきました

d0036883_2234547.jpg
2年連続でご来光を見ることができました

d0036883_22313088.jpg
影でピース

d0036883_2231385.jpg
太陽が昇って青空になってきました

d0036883_22314372.jpg
槍穂をバックに

d0036883_22314870.jpg
乗鞍岳の剣が峰(3026m)に到着。バックは御嶽山

d0036883_22315259.jpg
北アルプスの奥の山まで見渡せました

d0036883_22315729.jpg
南アルプスの向こうに富士山が見えた!右隣は日本第二の高峰・北岳のようです

d0036883_2232387.jpg
再び槍穂をバックに

d0036883_2232923.jpg
バス停まで降りてきました。今年も最高のご来光登山やったな~(嬉)

[PR]
by th6969 | 2012-08-27 22:28 | 山歩き

乗鞍高原から・平湯・安房峠周回コース

乗鞍高原-(乗鞍ヒルクライムレース)-畳平-平湯-安房峠-沢渡-乗鞍高原


時間:約3時間15分
距離:約72km
乗鞍ヒルクライム:1時間08分09秒903

乗鞍ヒルクライムレースの後、去年から考えていた「乗鞍高原から・平湯・安房峠周回コース」をサイクリングしてきた。せっかく乗鞍畳平まで登ったのに、そのまま下るだけというのはもったいないからね。

ゴールした後、荷物を探し着替えてしばし休憩。フロントライトとリヤライトを取り付け、下山待ちの選手の横を通って「平湯に下ります」と言ってからサイクリングスタート。「やっぱり気持ちいいねぇ(嬉)」 しばらく下ったら直線道路の先に槍・穂高連峰が姿を現した。「おぉ、槍穂もバッチリや」 その先に槍穂の展望のいい駐車スペースがあるので、止まって撮影会をしてたら観光客を乗せたタクシーが2台やってきた。気のいい運ちゃんに頼んでシャッターを押してもらったのが一番上の写真。その後も途中で何度も止まって槍穂や笠ヶ岳をバックに撮影。今日は特に笠の眺めが良かったな。

平湯峠から平湯への下りもそこそこ路面状態もよくて楽しめた。道はR158に突き当たるので右折して平湯へ向かい、そこから久し振りで楽しみにしていた安房峠越えだ。序盤はレースの疲れもあって脚に来たが、後半はさほど苦労することもなく安房峠に到着した。峠からは直線で一気に下った後、ガタガタコーナーの九十九折れが待っている。コーナー以外の路面はマシなのでそこそこ飛ばしても問題はなさそうだ。下り切ったら安房峠道路からの道に出会うので左折しさらに下る。その先のT字路が上高地への分岐で時間があったら左折して釜トンネルを越えて上高地へ足を伸ばすのもいいだろう。

そこから先は沢渡まで下り基調のトンネルが多い道だったが、ちょうど車が少なかったために安全に走ることができて助かった。沢渡までのトンネルは改修されているため、路肩にも変な段差などなくて走りやすかった。ただ1箇所道路の進行方向に沿って縦に溝が切ってあるトンネルがあったが、そこは溝にタイヤを取られて怖かった。

沢渡からは道も平坦になってペースも落ち、トンネルも改修されていない昔のままで走りにくかった。特に路肩は路面状態が悪いので、車のない時を狙ってできるだけ車線の真ん中を走ったほうが良さそうだ。車が来たらペースを落として路肩を走るか、強引に譲らす突っ走るかだが、特に長いトンネルはないので一気に行った方がいいかも。何個目かのトンネルを抜けるといつもの乗鞍高原への信号があるので、そこを右折して乗鞍高原へ向かう。今回のサイクリングで一番きつかったのがこの登りで、日差しが強烈で暑くて苦しかった。長袖アンダーを脱いだらよかったが面倒臭かったからそのままにしていたのが悪かった。でも何とか登りきって宿に到着し、「乗鞍高原から・平湯・安房峠周回」サイクリングは終了。「あ~楽しかったな~(嬉)」

d0036883_23132333.jpg

d0036883_23132326.jpg

d0036883_23132299.jpg

d0036883_23132128.jpg

d0036883_23132147.jpg

d0036883_23131857.jpg

d0036883_23133055.jpg

d0036883_2313308.jpg


ここから下は表彰式での写真です。
d0036883_23174249.jpg

d0036883_2315061.jpg

d0036883_23133428.jpg

[PR]
by th6969 | 2012-08-26 23:51 | 自転車

8月26日に行われた「第27回全日本マウンテンサイクリングin乗鞍」で、ついに目標達成しました~!
d0036883_2295268.gif

記録は思っていた以上に良くて『1時間08分09秒903』でした。

自分でもまさか8分台それも前半が出るとは思っていなかったので驚きましたが、自分のセッティングやペダリング及び練習内容が間違っていなかったと自信がつきました。

今回のレースで課題もはっきりしてきたので、今後はそれを強化する練習をやっていくつもりです。来年の目標は1時間5分切りはちょっと難しいので、目標はできるだけ低く『1時間5分台(1時間6分切り)』にしました。究極の目標としては『年齢別クラスの優勝タイム以上』を目指したい所ですが、これはかなり難しそうですね。

歳を取ってくると、やっぱり『楽に速く』が一番やね。

最後に水越朝練で刺激とやる気を与えてくれたサカタニ滝谷店のメンバーの皆さんに御礼申し上げます。
[PR]
by th6969 | 2012-08-26 22:05 | 自転車

会社-横山小学校前-天野山-自宅

距離:25.9km
時間:58分45秒

今日は実家へ行く日なのでショートコースのみ。明日は鍋谷まで行きたいな。
[PR]
by th6969 | 2012-08-22 23:22 | 自転車通勤

帰る間際になって雷雲がやって来た。ヤバそうなので会社からそのまま帰宅。今日はちょっと走りたかったのにな。
[PR]
by th6969 | 2012-08-21 23:05 | 自転車通勤

会社-横山小学校前-天野山-自宅

距離:26.1km
時間:1時間00分45秒

今日も鍋谷峠と思っていたが、去年の冬に痛めた左膝に若干の違和感があるのと疲れをためないためにショートコースを軽く走ってきた。
[PR]
by th6969 | 2012-08-20 22:51 | 自転車通勤

裏鍋谷峠往復コース

自宅-鍋谷峠-バイパス終点-裏鍋谷峠-自宅

時間:2時間46分05秒
距離:64.7km
鍋谷峠ヒルクライム:23分43秒(39X19-17でオールダンシング)
裏鍋谷峠ヒルクライム:25分45秒(39X17-19でオールダンシング)

昨日、帰宅してからニュー決戦ホイール「Easton EA90 SLX」にタイヤ「Continental Grand Prix 4000S」、チューブ「panaracer R'AIR」を装着し、練習用になったシマノWH-6700ホイールのスプロケ(12-25)を移植した。さらにチェーンを「KMC X10-SL Gold 10 Speed Chain」に交換して、ついに私が納得できる決戦仕様のバイクが完成した。バイクの重さは分からんが、そこそこ軽そうには出来上がったな。

それで今日はニューホイールの試走と調整を兼ねて鍋谷峠に行く事にした。昨日の雨のおかげで涼しいのは嬉しいが、空気中の塵が洗い流されたのか日差しはさらに強烈やった。そしてチェーンに給油など済ませ、9時前に鍋谷峠に向かって出発した。

ニューホイール「Easton EA90 SLX」の乗り心地は…「あんまり変わらんなぁ」(←いつも通り) というか、違いは分からんなぁ。山に行ったらちょっとは違いが分かるかもしれんな。スプロケの奥に噛ますスペーサーがフリーのボディに入らんかったからスペーサーなしで組み付けたのだが、それも考慮された設計になっていたのかRメカとフリー歯先の位置関係も問題ないようだ。それで特に調整することもなく鍋谷橋に到着し、鍋谷峠ヒルクライムを開始した。

今回はどんな練習内容で登るか迷ったが、やっぱり今開眼中のダンシングで行く事にした。スタートしていきなりダンシングを開始、徐々にギヤを落としながら製材所通りを通過し、最後の製材所過ぎからギヤをほぼ39X19に固定しダンシングで登っていった。するとダンシングの調子は良さそうだったのでオールダンシングでヒルクライムする事に変更した。

開眼中のダンシングで意識するのは太腿を持ち上げることと身体の軸をずらして体重をペダルに乗せることだけで、ハンドルを引きつけたりバイクを振ったりペダルを踏み込んだりペダルを引っ張り上げたりとか言う動作は全く意識していない。それでもペダルを踏む時に勝手にハンドルは寄ってくるし、バイクを振る意識はなくても勝手に左右に振れてるし、踏み込まなくても勝手にペダルは回るし、何か今までイメージしてたダンシングとは全く違うような気がする。また休んでないので最近流行の「休むダンシング」でもないようだ。「疲れないダンシング」には近いような気がするが、しいて言えば「長持ちするダンシング」が一番近いかな。

そして終盤のやや平坦ではギヤを39X17に上げて鍋谷峠にゴール、タイムはオールダンシングでは驚きの23分43秒やった。ホンマにダンシング嫌いの私がオールダンシングで23分台で登れるなんて、今までやったらちょっと考えられん事やからな。乗鞍本番前にやる練習ではないように思うが、今まで出来んかった事ができるようになるのは嬉しいな。

そのまま裏鍋を下ってたらいつもお会いする(多分)カッチャンさんのグループと対向、橋本さんも頑張ってました。いつも通りバイパスを終点まで行って旧道を登り直し。裏鍋谷峠ヒルクライムはついでなのでオールダンシングで登ってみた(笑)。ギヤははっきり覚えていないが、ほぼ39X17できつい箇所だけ19Tに落としたような気がする。柿えもんでボトルの水を補給して再出発し、結局オールダンシングのまま鍋谷峠にゴールした。こちらもタイムはそこそこマシやったのはニューホイールの効果もあったんかな。

帰りも日差しはきつかったが木陰などでははっきりと秋の気配が感じられた。嬉しいような寂しいような…。
[PR]
by th6969 | 2012-08-19 13:18 | ロード練習